馬プラセンタサプリ比較ネット
リセルプラセンタ250-g

リセルプラセンタ250

ドクター・フーズ株式会社から発売されており、エイジングケアのクリニックである「銀座ソラリアクリニック」が監修し、プラセンタ製造は「日本生物製剤」により行われている「リセルプラセンタ250」の20粒のお試し商品を購入してみましたので、紹介します。やはりラエンネックの製造元である「日本生物製剤」が作っているのは信頼感が抜群ですね。

参考情報

特徴点チェック

リセルプラセンタに関しては記事執筆時点で口コミがほとんど有りません。そのため口コミ情報は口コミが多くなってきた段階で追記させていただきます。

注文~配送~中身確認まで

今回は冒頭申し上げたように、銀座ソラリアクリニックが全体の商品プランを監修し、プラセンタ自体はプラセンタ注射「ラエンネック」の製造元として有名な日本生物製剤が作っている「リセルプラセンタ250」の20粒お試しを購入してみました。

で、一つ不満点を挙げるとすればお試し品の送料が高い(>_<)
商品価格が1,980円で送料が630円ってどうなのよ!?という感じです。商品価格の30%以上を占めております。

注:2016年3月現在、お試し品の販売価格が3,900円になっています。

ちなみにお試し品であろうが、お試し品じゃなかろうがヤマト宅急便が使用されるようです。(販売元のドクターフーズ株式会社のホームページでは1万円以上の商品は送料無料となっているので、通常品は送料無料です。)

宅急便を使っているため、配送は以下のようにかなりスムーズでした。

注文日時:9月19日(木) PM 20:30
発送完了メール:9月20日(金) PM 17:30
商品到着日時:9月21日(土)の午前中到着

商品入れ物はこんな感じで結構簡素です。商品ブランドとかは外袋に入っていませんでした。

リセルプラセンタ250入れ物

個人的にはお試し品はメール便でいいので、送料無料or80円くらいにしてほしいなぁという感じです。

中身を確認してみよう♪

リセルプラセンタ250の袋と箱

先ほどの袋の中に封筒と商品本体が入っています。封筒の中身もまとめて見せると以下のようになります。

リセルプラセンタ一式

・商品本体
・お買い上げ明細書
・ドクター・フーズ株式会社の既存商品紹介のチラシ×3枚
・銀座ソラリアクリニックの簡易パンフ
・銀座ソラリアクリニックの優待券

結構封筒から取り出すとごちゃごちゃと入っています。下記写真のように銀座ソラリアクリニックの優待券が入っており、リセルプラセンタ250を購入すると

・初診料無料
・初回施術料 30%オフ

になるそうです。本気で銀座ソラリアクリニックで何かエイジングケアなどをされたい方にとってはお得かもしれませんね^^

銀座ソラリアクリニック

さて、次に栄養成分表示と原材料表記を商品パッケージから確認しておきましょう。(拡大してクリック出来ます。)

リセルプラセンタ250-e

中身はプラセンタエキスだけでカプセルもHPMCと植物性のものが使われており、プラセンタを本当に摂取したい人にとっては良い商品であることが分かります。タンパク質も4粒あたりで0.95gなのでしっかりとプラセンタが使われています。

但し、酸化チタンが使われているので、そのあたりが嫌な人は注意です。

続いてカプセルについて見ていきます。写真2連発です。

リセルプラセンタ250
カプセルのサイズ

カプセルは白色で大きさは1.8cmと少し大きめですね。

カプセルの中身の粉末もついでに載せておきますね!!

粉末

ドクター・フーズ株式会社に質問してみた

ドクターフーズ株式会社さんに商品を購入してみて疑問に思ったことなどを質問してみました。但し、今回は日本生物製剤が製造に関わっていることも有り控えめです。

凍結乾燥粉砕とはどういうものですか?いわゆる抽出したエキスの粉末化の際のフリーズドライ製法のようなことなのでしょうか?また凍結乾燥粉砕のメリットを教えて下さい。

はい。フリーズドライ製法のことでございます。凍結乾燥粉砕のメリットは、馬の胎盤から抽出された機能性タンパク質・機能性ペプチド等の有効成分の失活を防ぎ、物質の生理活性を損ないずらくすることです。

分子分画法というエキスの抽出のメリットはどこに有るのでしょうか?(他の商品は酵素分解法であることが多いのです・・・)

酵素分解後、分子分画法を用いて不要な部分を取り除くことで高品質なプラセンタエキスを生成出来ることがメリットです。

質問は6日土曜日にしたのですが、回答は9日火曜日だったので、週末を挟んでいるからか日本生物製剤に問い合わせをしていたからなのか回答は遅めで、ちょっと回答内容が事務的でしたねー。

もっと販売会社の方から、突っ込んだ内容で回答してくれると尚良かったのかなぁと思います。ただ、やはり安全性や製品の信頼性に関しては、日本生物製剤が行っていることから文句なく安心することが出来ると思います。

リセルプラセンタ250のまとめ

ここからはリセルプラセンタ250の徹底まとめです。

においや飲み込み感 商品の特徴紹介でも取り上げていますが、馬プラセンタ100%なのにほとんど臭いはしませんので、臭いに敏感な人でも大丈夫だと思います。

ただ、大きさは少し大きいので苦労する人もいると思います。私はなぜか飲み込みにくい感じがしました。

サポート体制 商品自体はよくてもサポート体制に関してはそこまで良いとは思いませんでした。質問への回答も少し遅かったですし、内容も事務的でなんとなく嫌な感じです。販売会社としてはどうなのかな?と思います。
配送スピード 配送スピードは早いです。しかしお試し品に対して送料をとり過ぎです。
売り込み感 勧誘電話無し。

商品紹介とクリニックの紹介などちょっとチラシが多いかなと感じました。

支払形態 ・クレジットカード
・後払い(郵便局・銀行)

代引きが無いのとコンビニ払いが無いので利便性は高く無いです。

総合評価

リセルプラセンタ250の袋と箱

商品の品質や安全性については、何回も言いますが何の心配も無いと思います。やはり、日本生物製剤が製造に関わっているのは大きいです。プラセンタ注射はヒトプラセンタしか使えないので安全性が凄い気になるところですが、これまで何らかの感染症にかかった人は一人もいませんからね。

それくらい徹底的に安全について考えているのが日本生物製剤です。だから、品質面に関しても安全性を最大限に配慮した上で最高の物を提供してくれているんだろうなぁと思います。商品自体も1粒当たり250mgの北海道産サラブレッドの胎盤を使用したプラセンタ原末が入っていますから、プラセンタの効果はきっと感じることが出来ると思います。

但し、このリセルプラセンタを購入する上で心配なのが販売会社の方です。結構サポート体制もいまいちですし、配送もユーザーの望む望まないに関わらず宅急便で送料630円とりますから、ユーザー目線できちんと販売できているの??と不安になります。

それと、プラセンタ商品自体の価格です。「90粒入りの通常商品は15,750円」しますからかなり高いです。1日の推奨摂取量が2粒~4粒となっていますので、もし毎日4粒飲むことになると22.5日で15,750円が吹っ飛んでいくことになります^^;

2粒にすれば、大体45日もちますので1ヶ月当たりで計算すると1万円。1万円でも少し高いですね・・・・^^;

個人的には、1粒で250mg入っているので1日1粒くらいでもいいのかなと思います。1日1粒の日を織り交ぜていけば大体1ヶ月あたり7千円くらいになるので、馬プラセンタ商品として少し高いくらいの数字になるので丁度いいかもしれません。

以上で書いた問題点も含めて、しっかりと考えて購入するならOKだと思います♪

公式サイト

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み