馬プラセンタサプリ比較ネット
パールプラセンタ

パールプラセンタ

今回紹介するのは【馬プラセンタ】です。しかも、タイトルに書いているように、韓国産馬プラセンタという事で、非常に珍しい!?馬プラセンタです。

販売会社は、あの大塚製薬で有名な大塚グループの関連会社である「アースバイオケミカル」という会社さんです。どんな商品になっているのか、非常の楽しみですね。

販売会社:アースバイオケミカル株式会社の紹介

アース・バイオケミカル
冒頭で書いたように「アース・バイオケミカル株式会社」は大塚グループの一員です。ただ、名前からも分かるようにアース製薬の子会社でも有ります。アース製薬と大塚製薬の資本関係とか書き出すと、長くなりますし私もよく分かってないので割愛。

とにかく大塚グループの一員という事が分かれば良いでしょう。会社設立は昭和48年8月で、歴史は非常に長いです。以前からアース製薬の主要子会社として様々な商品を販売しており、売上高も約45億と大規模です。

主要な事業としては「業務用の環境衛生商品(コバエジェットとかが有名)」「ペットフードやペットケア用品の販売」「パールプラセンタを始めとする美容・健康商品の販売」などが有るようです。

会社としての信頼性という意味では、プラセンタ販売会社の中でもトップクラスに入るのではないでしょうか☆

ちなみに、アース・バイオケミカルの会長さんはアース製薬の元会長さんでもあり、「ごきぶりホイホイ」を開発した人でもあります。以上、どうでもよい情報でした♪

パールプラセンタ ティアラの基本情報

商品名 パールプラセンタ ティアラ
販売会社 アース・バイオケミカル株式会社
胎盤産地・種類 韓国馬
原材料名 ●ぶどう種子油●発酵馬プラセンタエキス粉末●ゼラチン●発酵真珠粉末●グリセリン●ミツロウ●大豆レシチン●酸化防止剤(V.E)●着色料(酸化チタン、クチナシ)
製造国 韓国製
商品の価格
単品30日分
4,298円
商品の価格
定期30日分
3,780円(1箱の場合)
商品の価格
お試し30日分
3,218円
その他価格の注意点 まとめ買いをすると更に安くなります。
定期購入に関する補足情報 2箱目お届け以降ならいつでも解約可能(電話のみ)
プラセンタ配合量 1粒あたり125mg(1日当たり250mg)
1粒の重量 515mg
その他真珠粉末が1粒あたり5mg配合されています。
1日の最低必要摂取量 2粒
有効成分の抽出方法 発酵法(微生物を使って少しずつ有効成分を抽出する方法だそうです。)
粉末化の方法 不明
商品送料 送料無料(パールプラセンタならどれを注文しても無料。)
決済手数料 代引手数料:無料
後払手数料:無料
ポイント制度 無し
完全返金保証 返金保証制度無し
公式サイトurl http://www.earthbeauty.jp/

価格とプラセンタ配合量のまとめ

パールプラセンタのコストパフォーマンスは以下の通りです。

パールプラセンタのコスパ表
価格表記は消費税込の値段です。

価格は非常に安いです。お試し商品に関しても、よくある「10日分」とかじゃなくて、1ヶ月分丸々を単品・定期で購入するよりも安く販売している所は、非常に交換がもてますね。コスパ指数も額面の数値だけ見れば、非常に優秀です。

ただ、以下の様な疑問点も有ります。

  • 【純度100%】のプラセンタを使っているか否かが販売ページに記載されていない
  • 韓国馬プラセンタがサラブレッドプラセンタよりも価値が有るのか否か?
なので、本当にコスパが良いのか悪いのか、判断しづらいです(TP200などのよくある馬プラセンタサプリと同レベルで比較出来ないので)。

とは言え、価格自体は非常に安いので、試してみて効果が無かったらもう飲まない、というスタンスでチャレンジしてみるのも有りかもしれません。

コストパフォーマンスの高いプラセンタ商品をチェックする
プラセンタサプリ人気ランキング

パールプラセンタの特徴

ココからは、パールプラセンタの商品としての特徴を紹介します。

韓国馬胎盤を使用した珍しいプラセンタ

馬プラセンタ
今まで紹介してきた馬プラセンタは「北海道のサラブレッド胎盤」「アルゼンチンの馬胎盤」「キルギス共和国の馬胎盤」のどれかを使用しているものでした。しかし、パールプラセンタ「韓国馬の胎盤」を利用して作られているという事で、非常に珍しい商品です。

「サラブレッドの胎盤ならまだ安心感あるけど、韓国馬ってどうなの?」という疑問が湧くのは当然の事。

販売ページで確認した所、馬の飼育場所は韓国の「チェジュ島」という所で、非常に自然豊かな島だそうです。また、現地の馬協会から以下の様な証明書を取得していると記載されています。

母馬の体を傷つけることなく採取した胎盤であることを韓国国内で証明

恐らく、母馬の体調管理もされて胎盤も万全ですよ!という事なんだと思いますが、なんだかイマイチ良く分からない証明書です。

そして、この韓国産馬胎盤を利用したプラセンタを1粒あたり125mg配合しています。1日で言うと250mg。有効成分の抽出法は「微生物を利用して時間をかけて有効成分を取り出す」発酵法との事。これにより、有効成分の低分子化にも成功しているようです。

この方法がポピュラーな方法なのかは、ちょっと私には分かりません。

真珠粉末も配合されている!

パールプラセンタという名前からも分かるように、この商品には「真珠粉末」が配合されています。1粒あたり5mgと少量なので、どの程度の効果が有るのか?は正直分からないのですが、真珠粉末には良質なアミノ酸やミネラルが含まれているようです。

実際に買ってみたのでちょこっとレビュー

お試し30日分を購入してみましたので、ちょこっと感想とか書いてみます。

商品時代はキッチリ梱包されて、佐川の宅急便で送られてきます。緩衝材もめちゃめちゃ詰め込まれて、潰れないようにする配慮がされているのは良かったです。ただ、宅急便を使っているのに商品到着までに3営業日もかかっているので、配送体制はイマイチかもしれません。

パールプラセンタの箱

箱を開けるとこんな感じ。

パールプラセンタ中身

サプリメントはこんな感じで包装されています。

プラセンタ粒

カプセルはソフトカプセルタイプで、サイズは「1.4×0.7cm」くらいでしょうか。多少大きく見えますが、ソフトカプセルタイプなので、ハードカプセルタイプに比べると飲みやすいですよ^^

パールプラセンタのサイズ

ニオイはそこまで気になりませんでした。個人的に、ソフトカプセルタイプだと「豚」プラセンタをイメージしてしまうのですが、ソフトカプセルタイプの物と比較すれば、全くないと言っても過言では有りません。

続いて、原材料と栄養成分表示を見てみます。

パールプラセンタ

注意点が2つ。1つは、一番多く配合されている原材料が「ぶどう種子油」でありプラセンタではない点。ソフトカプセルタイプのサプリでも、油よりもプラセンタを多く配合している商品が実際に有るわけですから、そこは大塚グループの商品として配慮して欲しかった点ですね。

あと、原産国が「韓国」となっている所。パールプラセンタは原料の調達も韓国で行い、商品自体も韓国で作っています。別に、韓国で作っているから安全性が格段に低くなるとかは無いと思いますが、絶対日本で作った商品じゃないと飲みたくない!って人はちょっと注意して下さいね。

プラセンタサプリ人気ランキング

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み