馬プラセンタサプリ比較ネット
体験談

最近は、20代~30代の若い女性でも”子宮筋腫”や”子宮内膜症”などの婦人科系の疾患にかかることが非常に多くなっています。そこで、このページではそれら症状の発生メカニズムと症状の緩和に役立つプラセンタの薬理作用を紹介したいと思います。

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。

子宮筋腫の仕組み

子宮は子宮内膜と呼ばれる粘膜によって内張りされて守られています。そして、その下には更に平滑筋と呼ばれる筋層が連なっています。この子宮筋層の元になる細胞が、異常なまでに大量に増殖して出来た腫瘍の事を子宮筋腫と言います。

腫瘍と言われるとやっかいな問題に聞こえますが、子宮筋腫は良性の腫瘍ですし、女性の約20%程度が患っている症状と言われています。対応は必要ですが、そこまで神経質になる病気でも有りません。

症状例としては「●月経過多●不正出血●腹痛●貧血」などが挙げられます。ちなみに腫瘍がコブシ大よりも大きくなると病状的にもきつくなるので、手術を必要とするケースが多いです。

原因はまだ明確には分かっていないのですが、女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わっていることが分かっており、閉経前には大きかった腫瘍も閉経後にエストロゲンの分泌が少なくなると小さくなることが分かっています。

子宮筋腫

プラセンタには「内分泌(ホルモン)調節作用」が有りますので、エストロゲンの分泌量を抑えて症状を緩和してくれますし、「貧血改善作用・造血作用」が貧血に有効に働いてくれるのでは無いかと言われています。

北海道馬プラセンタ

子宮内膜症

子宮内膜症は、不妊症の原因になるとも言われている病気ですので、しっかりとした治療が必要です。

子宮内膜は名前の通り、本来は子宮の中で内張りになっているのですが、子宮内膜を形成している組織が卵巣や子宮筋層など周辺付近の組織にも出現して、女性ホルモンの影響を受けて大きくなったり、出血したりする症状のことを子宮内膜症と言います。

本来、生理周期に合わせて不要な子宮内膜は排出されますが、それも正常な位置にあってこそ排出できるもの。本来あるべきはずでない場所に出来た子宮内膜は排出されることが無く、これがそのまま残ることによって不妊症を誘発するのでは?と言われています。

その他の症状としては下腹部痛・月経痛・性交痛などが挙げられます。子宮筋腫と同様に未だ発生メカニズムの要因は解明されていませんが、「妊娠に繋がらない生理を続けていくと発生するのではないか?」と言われています。

体内の子宮内膜が妊娠したいが為に、わざわざ必要のない部分にまで出現して、悪さをすると考えれば良いでしょう。

ここでもプラセンタの「内分泌調節作用」が有効に働いて、子宮内膜症がひどくなるのを予防してくれます。

乳腺症

乳腺症には二つの症状があり、一つはその名の通り乳腺にシコリが出来てしまう症状、そしてもう一つが妊娠・出産もしていないのに乳汁が分泌する症状です。

乳腺は小葉と乳管の二つから形成されており、小葉は乳汁を生成する組織、乳管は実際に赤ちゃんに乳汁を届けるために乳頭まで運んでいく役割を担います。

これらは女性ホルモンによる影響を受けて周期的に変化しています。具体的には、小葉はプロゲステロンに支配され、乳管はエストロゲンに支配されていますが、何らかの理由にこのバランスが崩れた時に乳腺症になるものと考えられています。

女性ホルモンという言葉が出て来たのでもうお分かりかと思いますが、プラセンタの「内分泌調整作用」がこのバランスを正すように適切に働き、乳腺症の予防や症状改善に効果が有ったという報告がなされているようです。

高プロラクチン血症

乳腺症の症状の一つに出産をしていないのに乳汁が分泌される症状がありましたが、それと同じ症状で、関与するホルモンの違う「高プロラクチン血症」と呼ばれる症状も有ります。

出産すると乳汁を大量に必要とするため「プロラクチン」と呼ばれる乳汁分泌ホルモンが大量に分泌されるのですが、このプロラクチンが出産もしていないのに分泌されることを「高プロラクチン血症」と言います。

医薬品として厚労省から認可を受けている「メルスモン」で保険適用で受けられる治療として「乳汁分泌不全」が有りました。【不全】となっていますので「おっぱいを出したい」という悩みを持っている人のほか「おっぱいを止めたい」と悩みにまで対応出来ます。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み