馬プラセンタサプリ比較ネット
冷え性

「冷え症」は、手足、背中、腰などが異常に冷たくなる症状です。冷え症の人が体の各部で最も「冷え」を感じるのが、手足です。次いで、お腹や足首、首元といった部分。冷たいを通り越して「痛み」を感じる人も少なく有りません。

また、体が冷えてしまう事によって、夜なかなか寝付けなかったり夜中に目が覚めてしまったり、様々な症状が現れます。私は肩凝りでかなり困っていました。

冷え性なんとかしたいですよね。そこで今回は冷え症対策の方法を紹介します。

そもそもなぜ冷え性になるのか?

冷え性になる理由は「血行不良」、つまり血流が悪くなってしまう事に有ります。

通常、人間の体は血液が体全体に張り巡らされた血管を通る事で、体温を一定に保っています。しかし、血流が悪くなってしまうと、血液が十分に行き渡らなくなった部位は冷たくなってしまいます。冷酷な人の事を「血が通っていない」なんて言いますよね。

また、手足は「血管が細い」「心臓から最も遠い」事から、血液の流れがその他の部位よりも滞りやすくなっています。手足の冷え性の事を「末端冷え性」なんて言いますよね。

血行不良を起こす原因

血行不良を起こす原因は、以下のように様々有ります。

  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 運動不足
  • 偏食
  • 貧血・低血圧 等
例えば、自律神経やホルモンバランスが乱れると、血管の収縮と拡張のコントロールがうまくいかなくなり、血液の流れが悪くなってしまいます。

自律神経やホルモンバランスの乱れは「冷え性」だけでなく、便秘更年期障害などの様々な症状の原因にもなります。

【理由】冷え性は男性よりも女性が多い

冷え症は男性よりも女性に多く見られます。その理由は、体の構造が異なるからです。

筋肉量の違い

筋肉は熱を生み出すって知ってました?筋肉で生み出された熱は、筋肉内を通る血液に伝わって体中に届けられます。

一般的に、女性の体は男性よりも「筋肉」が少なくなっています。そのため、体内で作り出される熱量も少なくなってしまいます。

muscle

また「脂肪」が多いのも女性に冷え症が多い理由です。脂肪は断熱効果が有り寒さには強いのですが、一度冷めてしまうと温まりにくいという性質が有ります。

つまり、熱を生み出す筋肉が少なく、温まりにくい脂肪が多いので、女性は冷え症になりやすいんですね。

ホルモンバランスが乱れやすい

女性は、生理時や更年期障害時などに女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経も同時に乱れてしまいます(脳の視床下部で両者は管理されているからです)。

ホルモンバランスと自律神経の乱れは、血行不良の原因の一つでしたよね。そのため、女性は冷え性になりやすいのです。

また、ストレスや偏食などの影響で交感神経が強く刺激され、自律神経が乱れやすいのも女性です。

冷え性対策にプラセンタ

プラセンタには以下のような作用が有るので、冷え症改善を促進してくれます。

  • ホルモンバランス・自律神経の調整作用による血行促進
  • 造血作用
  • 基礎代謝向上作用

ホルモンバランス・自律神経の調整作用による血行促進

ホルモンバランス・自律神経の乱れは、冷え性(血行不良)の原因の1つでしたね。プラセンタにはホルモンバランス・自律神経の調整作用が有るので、血管の収縮・拡張が正常になり、血液を体の隅々まで行き渡らせる「血行促進効果」を期待出来ます。

血液がしっかりと体全体に行き渡れば、血行不良による冷え性を改善する事が出来ます。

造血作用

プラセンタには、血液を造る幹細胞を増殖させる「造血作用」が有ります。新しいサラサラした血液は、たとえ狭い血管でも難なく通過して体中に熱を届ける事が出来ます。

基礎代謝向上作用

摂取したエネルギーを消費する基礎代謝は、体温の高低と関係が有ります。基礎代謝が高ければ体温も高くなり、基礎代謝が低ければ体温も低くなります。

プラセンタは基礎代謝向上作用が有るので、体温の上昇にも効果を発揮します。

その他の冷え性対策

プラセンタ以外の冷え性対策を紹介します。

運動・マッサージ

運動・マッサージには、血行を良くする効果が有ります。例えば、手足の指をグーとパー交互にするだけでも、効果が有ります。

また、体を動かすとストレス発散にも繋がるので、ストレスが原因の冷え性にも効果が有ります。あと、運動は熱を生む筋肉が増えます。さらに、脂肪も減って1石何鳥の方法ですね。みなさん、運動していきましょう。

お風呂

足湯や手浴、半身浴など、お風呂でしっかりと体を暖める事でも冷え性対策になります。また、入浴時にストレッチやマッサージを取り入れる事でより血行が改善されます。

入浴

お風呂から上がる前に足に冷水を掛けると、入浴後の足からの放熱を防ぐ事が出来ます。

シャワーだけでは体は温まりませんので、湯船に浸かるようにしましょう。

食事

体が温まる食材を取り入れていきましょう。例えば、鶏肉や唐辛子、ごぼうなどなど。これらの食材は陽性食品と言って、たくさん種類が有りますので色々調べて献立に加えてみて下さい。

唐辛子

逆に、体を冷やす陰性食品も有ります。例えば、なすやトマト、スナック菓子、コーヒーなどです。

別に陰性食品を食べても構いません。陰性食品にも体に必要な栄養を豊富に含んだ食品が沢山あります。そのため、栄養のバランスを考えて冷え性対策をしていきましょう。

お腹を暖めよう

体は生命を維持するために、心臓などの重要な内臓が有るお腹の辺りを手や足よりも優先して、血液を送り、体温を保とうとします。そのため、お腹周りが冷えている状態では、何重に靴下を履いたとしても冷え性は改善されません。

なので、まずお腹周りをしっかり暖める事が重要です。もちろん、手足などを暖める事も大切ですよ。

なお、寝る際は発汗による体温の低下を防ぐために、靴下は脱ぎましょう。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み