馬プラセンタサプリ比較ネット
ライ麦

プラセンタとは日本語に訳すと「胎盤」という意味であり、植物に「胎盤」は有りません。胎盤は人間や馬などの哺乳類の一部にか存在し得ないものだからです。しかしながら、この哺乳類の「胎盤」に匹敵するものとして注目されているのが植物の「胚」です。この胚は植物が種の状態から芽を出すための必要な栄養素が多数含まれているためプラセンタと同様の定義付けがなされています。

この植物の胚から抽出したエキスを植物性プラセンタなどと呼びます。市場ではライ麦や大豆・アロエ・アセロラなどから抽出したエキスを植物性プラセンタ商品として販売しているようです。

植物性プラセンタに含まれる栄養素

ライ麦植物性のプラセンタにも豊富な栄養素が含まれており代表的なものとしてアミノ酸、ビタミン、ミネラル、抗酸化成分のようなものが有ります。成分を見れば分かるようにこの植物性プラセンタは美肌への効果は非常に高いと言われています。

しかし、動物性プラセンタとの決定的な違いが一つ有り、それが「成長因子(グロースファクター)」の有無です。

成長因子とは簡単に言うと細胞の活性化を促す因子でこれが有ることにより細胞の分裂が促進され新陳代謝が活発になります。そのおかげでプラセンタはアンチエイジング効果や疲労回復効果が高いと言われるのですが、この「成長因子」が植物性プラセンタには有りません。

そもそもプラセンタがプラセンタと呼ばれる由縁はアミノ酸云々よりも「成長因子」が含まれているからです。プラセンタには肝細胞増殖因子(HGF)を始めとした複数の成長因子が含まれており、これがシミ・シワの除去、たるみ改善などアンチエイジングに強力な効果を発揮すると言われています。

美肌作りへ一定の効果を表す植物性プラセンタですが、この成長因子が含まれていないという事実はプラセンタ商品においては決定的な違いですからしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。

どんな人が飲んだらいい?

アロエもともと、サプリやドリンク系の美容目的として以前はウシプラセンタが使用され、現在は豚や馬プラセンタが主流となっています。

しかし、やはり動物性ということで安全性を不安視するユーザーも多いことからそれに変わる有効なものは無いものか?ということで植物性プラセンタの研究がなされています。

何よりも植物は自然から生まれてくるものですから病原菌やホルモンなどの不安要素が有りません。また、動物性プラセンタ特有の臭いが無いのも特徴です。従って、動物性プラセンタの臭いがどうしても無理という方は植物性プラセンタを飲んでいる人が多いようです。

しかしながら、先述したように「胎盤」は哺乳類の一部にしか無いものですから厳密な意味で捉えれば「植物性プラセンタ」というものは存在し得ないものと言えます。ですから植物性プラセンタという記載を目にしたときは「プラセンタのように効果が期待できる」という意味合いで付けられているものと考えておいたほうが良いでしょう。

成長因子が含まれていない事はそれだけ大きな違いが有るということです。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み