馬プラセンタサプリ比較ネット
神経痛

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

神経痛にも色々な種類があると言われていますが、その中でも記事タイトルに含めている三叉神経痛・坐骨神経痛に合わせて肋間神経痛の3つを三大神経痛などと呼びます。それぞれの症状は以下のようになっています。

  • 三叉神経痛
  • ⇒こめかみから目や頬・口にかけてある3本の太い神経(三叉神経)に痛みが生じている状態

  • 坐骨神経痛
  • ⇒お尻から太もも裏、ふくらはぎにかけて走っている坐骨神経に痛みが生じている症状

  • 肋間神経痛
  • ⇒肋骨に沿ってある神経が何らかの理由により痛みが生じている状態。原因はまだ完全には解明されていない。

神経が圧迫されることにより痛みが生じるケース

神経痛
これら神経痛が生じてしまう原因の一つとして「周りにある骨や血管などが神経を圧迫すること」により発生すると言われています。

正常な状態であれば骨や血管・神経は互いに干渉することは有りませんが、何らかの理由によって骨や血管が変形し神経を圧迫するようになります。

特に三叉神経痛は顔に存在している動脈が硬くなることにより神経を圧迫すると言われていますし、坐骨神経痛は椎間板が正常な位置から飛び出してしまい神経を圧迫する症状がよく見られるとのこと。

動脈が硬くなって弾力を失った状態を動脈硬化と言います。

動脈硬化に関しては悪玉コレステロールと活性酸素が共謀して悪さをすることで発生すると言われていますが、その予防や改善にはプラセンタの内分泌調整作用や活性酸素除去作用が有効に働きます。

また、骨が変形してしまうと神経を圧迫することは前述したとおりですが、この変形は骨量が減少したり周辺にある筋肉が衰えて骨をしっかりと支えることが出来なくなったことがキッカケで起こると言われています。

もちろん、骨量増加や筋肉維持のためには適度な運動・太陽光・適切な食事などが必要なことは言うまでも有りませんが、ここでもプラセンタが効果を発揮します。具体的には骨や筋肉強化に関与している内分泌調整作用、基礎代謝向上作用が効果を発揮しますし、軟骨細胞や平滑筋細胞の増殖を促すインシュリン様成長因子が有効に働きかけます。

炎症が原因で神経痛を起こすケース

神経痛2神経痛の一番の原因は先ほど紹介した骨や血管の変形により神経が圧迫されることですが、それ以外にも炎症が原因で神経痛に発展するケースも有ります。

ヘルペスウィルスが発生した後に坐骨神経痛などが発生するケースが有りますが、これが炎症による神経痛の良い例です。ヘルペスウイルスは神経を侵しやすい性質を持っているからです。

しかし、ここでもプラセンタが効果を発揮します。まず、抗炎症作用で炎症を鎮めてくれますので神経痛に発展するのを防ぎます。また、ヘルペスは体の抵抗力が落ちている時によく起こりますが、プラセンタには基礎代謝向上作用や疲労回復作用などいわゆる自然治癒力を高める働きが有りますので抵抗力を上げる働きが有ります。

血液循環不全による痛み

その他、血液の循環が上手く行かなった場合に神経に痛みが生じるケースも有ります。プラセンタには血行促進作用が有りますから、ここでもプラセンタが有効に働きます。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み