馬プラセンタサプリ比較ネット
まとめ

更年期には程遠い20代や30代の女性が自律神経失調症を患って、更年期障害のような症状に悩まされることを【若年性(プレ)更年期障害】と呼びます。その原因は医学的にはまだまだ解明途中であるものの、以下の三つが大きな原因となっているのではないかと言われています。

それぞれの原因と更年期障害の関係はそれぞれ上記のリンク先を御覧ください。もしこれらの原因が一つだけでなく複数当てはまるようであれば若年性更年期障害になるリスクは正常な人と比べて高いと言うことが出来るでしょう。

このページでは細かな若年性更年期障害の症状を症状ごとに簡単に解説して行きたいと思います。各症状のリンク先ではプラセンタのどの作用が該当症状の予防・改善に役立つのかも紹介しています。

生理痛と月経前緊張症
生理痛と月経前緊張症。どちらも月経が関わっている女性特有の不快症状になります。特にプラセンタの「内分泌調節作用」が上手く働いて、両者の症状を緩和してくれる事が多いです。

肩凝り・首の凝り・頭痛・めまい
これらはうっ血や血流障害など同じような原因で起こるものです。発生する場所が肩なのか首なのか、頭蓋内なのか、脳の血流なのかによって変わります。またそれぞれ相互に作用している場合もあり、症状を重くする要因になります。

冷え性/便秘・下痢/貧血
冷え性は血液の巡りが悪くなり、手足などが血行不良になることにより生じます。便秘・下痢には自律神経の乱れから来るものと腸の異常から発生するものの2つに分けることが出来ます。また貧血は赤血球中のヘモグロビン量の低下により引き起こされます。

それぞれ詳細な発生原因と対処方法を紹介しています。

不眠・入眠障害
不眠や入眠障害は夜になっても沈静の副交感神経が優位にならないことによって引き起こされます。つまり交感神経が刺激を受けている状態ですね。これを解消することで非常にぐっすりと眠れるようになります。

胃潰瘍と胸焼け
胃潰瘍も胸焼けもストレスにより交感神経が興奮するせいで症状が表れる事が分かっています。プラセンタには「自律神経調整作用」が有りますから交感神経を落ち着かせ症状の予防改善に効果的です。

不調を感じたら病院へ

今まで述べてきた各種プレ更年期障害の症状や後述する症状の中でも貧血や子宮筋腫などは出血量が多いことが要因になっているということも想定出来ます。

どんな恐ろしい病気が後ろに構えているか分かりませんので、軽い更年期障害かな~という勝手な自己判断をせずに少しでも体調に気になることがあればお医者さんに見てもらいましょう。

そうすることによって、体調不良の原因が自律神経の乱れのせいなのか、病気のせいなのかなど正確な診断を受けることが出来ます。病院に行かずに一人で悩んでいるのも駄目ですよ。

ストレスと若年性更年期障害の関係」のウォルフ医師の臨床報告でも見たように精神状態と体は密接な関係にあります。一人で悩んでストレスを感じれば病気を更にひどくさせてしまう要因にもなりかねません。

まずはしっかりと適切な診断を受けて、自分の状態を確認し適切な対処をすることが健康管理の第一歩です。

番外編ー若年性更年期障害以外

以下は若年性更年期障害の症状には含まれませんが、プラセンタ治療で一定の効果を挙げることが出来る症状などです。興味があれば御覧ください。

子宮筋腫・子宮内膜症
子宮筋腫は子宮内膜の下にある子宮筋層の細胞が異常に増殖して大きくなり不正出血や月経過多、貧血・腰痛などを引き起こす症状で、子宮内膜症は月経痛や性交痛を引き起こします。どちらもプラセンタの「内分泌調整作用」が有効に働き症状を緩和してくれます。

乳腺症・高プロラクチン血症
主として乳腺症は乳腺にシコリが出来てしまう症状であり、高プロラクチン血症は出産を経験していないのに乳汁が乳房から出てします症状です。(乳腺症にも乳汁が出てしまう症状があります。)

これらに関しては乳汁分泌不全の治療薬として「メルスモン」が認可されていますから非常に有効的に症状を改善してくれます。

以上、若年性(プレ)更年期障害の症状まとめ!!でした。何事も違和感を感じたらすぐに病院に行ってくださいね。病気は早期発見が治療への一番の近道ですからね。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み