馬プラセンタサプリ比較ネット
首痛

ここでは一気に肩凝り・首の凝り・頭痛・めまいについて解説して行きたいと思います。これらはいずれも血流障害が原因になっているものであり、症状が同時に発生することも少なく有りません。

以下、個別に詳しく見ていくことにしましょう。

肩凝り・首の凝り

首痛先程も言ったように肩凝り・首の凝りの原因は血流障害であり「うっ血」です。うっ血とはその部位の血流が滞ってしまうことを言います。

原因としてはパソコンやゲームなど同じ姿勢をとる作業を長時間続けることが一つ挙げられます。

紙社会からPC社会になって以前にもまして肩凝り・首の凝りで悩む人は多くなったのではないでしょうか?

また、悩みなどの精神的ストレスも原因の一つです。ストレスがあると交感神経が強く刺激され血管は収縮した状態になり、筋肉に入り込んだ末梢神経へ血液が行き渡らず、うっ血してしまいます。

これが首で起これば首の凝りに繋がりますし、肩で起これば肩凝りに繋がります。この症状の厄介な点は、頭への血流の途中に有ることから頭へも血が上手く回らなくなる点です。

そのせいで、頭重・頭痛・たちくらみなどの症状が現れると共に、それがストレスなどに繋がり交感神経を興奮させて肩凝り・首凝りを更にひどくさせてしまう点です。いわゆる悪循環と呼ばれるものですね。

頭痛

頭痛も肩凝りなどとほぼ同じような症状から来るものと考えて下さい。精神的ストレスなどにより交感神経が収縮→頭蓋内の血管が収縮してズキズキと痛みを感じるようになります。

めまい・立ちくらみ

これらは座っている状態から立った時などに起こることが多いですよね。正確に言えば起立失調症候群・起立性低血圧と呼ぶそうです。原因は脳の血流障害です。

通常は立ったりするだけでめまいや立ちくらみを感じることは有りませんが精神的ストレスなどで自律神経のバランスが崩れているとめまいや立ちくらみを感じるようになります。


これら症状の改善のためには全般的にストレスの緩和が必要とされます。好きな音楽を聞いたり好きな男性と話をしたり、趣味をしたりとリラックスした状態を保つことで副交感神経を働かすことが出来るので血管の拡張につながります。

マッサージ

また、軽いジョギングや凝りを感じる部分へのマッサージ、入浴などで血行促進を図るのも一つの手段ですね。プラセンタには「自律神経調整作用」「血行促進作用」が有りますから原因を元から断ち切るように働きかけてくれます。

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み