馬プラセンタサプリ比較ネット
気管支喘息

気管支喘息気管支喘息は何らかの原因により、気管支が収縮して呼吸が出来にくくなる発作性の呼吸障害です。

気管支喘息で悩む人の数は世界で約3億人、日本だと200万人以上いると言われています。世界の人口が60億人ですから、世界的に見れば5%の人が気管支喘息で苦しんでいる事になります。

日本の場合はまだ医療が発達していることも有り、世界的水準ほどには患者数は多く有りませんが、それでも年間の気管支喘息による死亡者数は3,000人を超えており無視出来ない病気でも有ります。

気管支喘息の原因

では気管支喘息の原因はどこに有るのでしょうか?
一般的には次の3つのうちのどれかに該当すると言われています。

  • ①アトピー型
  • アトピー性皮膚炎が発症するメカニズム」と同様に抗原抗体反応が原因で発症するタイプ。例えばダニやホコリ、花粉などが引き金となり気管支上の肥満細胞において抗原抗体反応が発生し、その影響で肥満細胞からヒスタミンと呼ばれる炎症物質が放出され気管支の周りにダメージを与えます。
     
    この結果として、気管支上の粘膜が腫れて膨れたり、タンが溜まったりして気道(空気の通り道)が狭まってしまい呼吸困難になってしまいます。

  • ②感染型
  • 何らかの原因によりバイキンやウィルスなどに侵され、気道が敏感になり、ホコリやチリなど刺激物が入ってくるとそれに反応して呼吸困難となってしまうタイプ。

  • ③混合型
  • こちらは①と②の併発により呼吸困難の症状が発生することを言います。

その他現代病特有の原因としてストレスなども気管支喘息を誘発するのではと言われています。

一般的な気管支喘息の治療法と副作用

一般的な気管支喘息の治療法としては【交感神経刺激薬・気管支拡張薬・ステロイド・抗アレルギー薬】などが挙げられます。原因が感染型の場合は【抗生物質】を利用して細菌類の退治をすることになります。

交感神経刺激薬と気管支拡張薬は狭くなってしまった気道を広くして空気の通り道を作ってあげようとする治療法ですが、特に交感神経刺激薬は【心臓】に対する刺激が強いという副作用が有りますので使用には注意が必要です。

また、ステロイドや気管支拡張薬にも重い副作用が観測されていますので体の様子を見て投薬していく必要があります。

ではプラセンタはどのように気管支喘息に働くのか?

最近では臨床結果でプラセンタ療法が気管支喘息に有効的であり、積極的に使っているクリニックも多くなっています。その大きな理由としてプラセンタには副作用がほとんど無い事が挙げられます。

具体的にプラセンタがどのように気管支喘息に働き欠けるかというと、まず「プラセンタの効果効能」にも書いているように自律神経調整機能が働いて、交感神経を刺激し気道の確保に努めます。

気管支喘息2プラセンタによる自律神経調整機能は「交感神経刺激薬」のように副作用は無く非常に安全です。

また、免疫調節機能の働きによりダニや花粉などのアレルギー性物質はもちろん細菌やウィルスなどに対しても免疫力を高めスムーズに体からそれら有害物質を除去する事に役立ってくれます。

その他抗アレルギー作用や抗炎症作用、体質改善作用などが有効的に働き原因を根本から治療するのに役立ちます。

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み