馬プラセンタサプリ比較ネット
不定愁訴

不定愁訴

プラセンタが女性の不定愁訴に効果的な理由を話していく前にまずは不定愁訴とは一体どんなものなのかお勉強していきましょう。不定愁訴とはwikipediaによれば以下のように定義されています。

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「頭が重い」、「イライラする」、「疲労感が取れない」、「よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す。 患者からの訴え(主訴)は強いが主観的で多岐にわたり、客観的所見に乏しいのが特徴。

自律神経失調症と診断されることも多い。症状が安定しないため治療も難しく、抗不安剤の投与などさまざまな療法、カウンセリングが行われている。

なお、この状態の時に心療内科でカウンセリングを受けてストレス因子が見つかった場合は適応障害と同様の治療を受けることになる(「適応障害の可能性あり」とされ病名がつかない場合はある)。

「何となく体調が悪い状態が長期間続く」ってところがポイントですね。そして不定愁訴を抱えている人にとって最も厄介な事はCTやMRIなど色々な体の検査をしてみても何の問題も発見されない事です。

・自分では体調が悪いと思っているのに検査しても何の問題もないと言われる

・誰にも辛さを分かってもらえない

・ストレスが更に貯まる

・不定愁訴の症状が更にひどくなる

適切な対処が出来なければ上記のような負のスパイラルに陥って精神的にも肉体的にも極限の状態にまで追い詰められる事もあります。

本人の頑張りもある程度は必要ですが周りのサポートも必要です。しっかりと不定愁訴で悩んでいる本人の辛さを理解してサポートしてあげましょう。以下に代表的な不定愁訴の症状を記載しておきます。

  • 全身に現われる問題=だるい・疲れがとれない・ほてる・汗を大量にかく・手足のしびれ・冷え・コリetc
  • 感覚器系で現われる問題=耳鳴り・味が分からない・目が乾燥する・喉がかわく
  • 消化器系で現われる問題=食欲が湧かない・胃痛・胃もたれ・便秘や下痢
  • 泌尿器系で現われる問題=生理不順・血尿・頻尿
継続的に上記のような症状を訴えているにも関わらず検査で問題が出ないような場合には不定愁訴を疑って下さいね。

全ての年代の女性が不定愁訴に悩まされる可能性有り

一昔前までは不定愁訴に悩まされる女性と言えば、閉経を迎えた女性だけでしたが最近は【女性のライフスタイルの変化/全体的な生活様式の変化】によって若い女性でも不定愁訴に悩まされることが多いです。

①更年期に起こる不定愁訴について

更年期に起こる不定愁訴はまさに【更年期障害】そのものです。閉経によって女性ホルモンのバランスが崩れたせいで体に色々な違和感を感じるようになります。

詳細は参考記事「更年期障害の治療にプラセンタが使われる理由」を読んでみてください。

②まだ閉経していない場合

まだ閉経していない20代~40代の女性で不定愁訴を感じているという方。それは【プレ更年期障害】とも言い直すことが出来ます。閉経はしていないので更年期のような女性のホルモンバランスの変化が原因ではありませんが、更年期と同様の症状が発生している状態です。

原因が完全に解明されているわけではないのですが、【ストレス・体内時計の乱れ・過度なダイエットによる食生活の乱れ】などが原因で自律神経が乱れて、結果として体調を壊してしまうという流れが多いです。

プレ更年期障害とプラセンタの関係性については、参考記事「若年性(プレ)更年期障害の症状とプラセンタ」を読んでみてください。(既に更年期の方も参考になる情報です)

いずれにせよ「プラセンタの効果効能」にも有るようにプラセンタには不定愁訴に対応出来るだけの可能性が有りますのでお悩みの方は是非一度試してみると良いでしょう。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み