馬プラセンタサプリ比較ネット
睡眠

ヒト(人)由来のプラセンタは現在プラセンタ注射としてしか受けることが出来ません。以前はヒト由来のサプリメント等も有りましたが、平成15年に薬事法が改正されてそれ以降は医療用の注射としてのみ使用できる事になりました。

(注射で拒絶反応が発生する人の場合は、その他の方法での摂取も認められます。)

ヒト由来のプラセンタが注射薬としてしか使用できなくなった背景とには少子化による胎盤提供者の減少によりサプリ・ドリンクなどの美容目的へ回せる絶対的な胎盤供給量が減少したことや、美容への関心から胎盤が高値で取引されていると知り、貧困層が胎盤を得るためだけの目的で故意に妊娠して中絶するという事態が多発したことがあります。

現在認められているプラセンタ注射とは?

現在日本で認められているプラセンタ注射薬としてはメルスモン製薬㈱が製造している乳汁分泌不全、更年期障害の治療薬である「メルスモン」、日本生物製剤㈱が製造している肝硬変・肝機能障害の治療薬である「ラエンネック」だけです。

以前は北陸製薬㈱の「ザウエルプラエンタ」、ゼリア新薬工業の「PLP」という注射薬(共に胃・十二指腸潰瘍の治療目的として開発されたもの)も厚労省から認定を受けた治療薬でしたが、それぞれコストと利益の関係から市場から撤退したと言われています。

「乳汁分泌不全・更年期障害・肝機能障害」などの健康上の理由でプラセンタ注射薬の治療を受ける場合には保険適用で治療が受けられます。そのため、美容目的で注射を受ける場合は保険が効かないためコストは割高となります。

ただ、多くの美意識の高い女性はプラセンタ注射を受けているという話もよく聞きます。

プラセンタ注射の安全性について

プラセンタ注射はヒト由来の胎盤から抽出したエキスを使用する生物製剤です。そのため特に心配になるのが感染症ですがその点については安心することが出来ません。

そもそもプラセンタ注射薬は国から認可された製薬会社だけに作ることが許される医薬品です。先ほど紹介した製薬会社と特別な医療機関が契約を結び、肝炎やエイズなどのウイルス感染がないことが証明されている国内の健康な女性から提供される胎盤だけを使用して製造を行っています。

またヒト型の狂牛病とも言われるヤコブ病を防ぐために酸による加水分解を行い、プラセンタに含まれるタンパク質をアミノ酸に分解し、121度の高温に30分間つける最終滅菌も行われますので、注射薬に使用されるプラセンタにはウィルスや微生物も含まれていません。

当然ながら注射液が完成するまでの過程で胎盤提供者の血液やホルモンなどは除去されているためそういう意味でも安全です。

なお、医療関係者の中ではやり過ぎだ!!という声も多いようですが、ヤコブ病に感染してしまう危険性を考慮してプラセンタ注射を受けた方は献血を行うことが出来ませんので注意が必要です。

安全な注射方法について

サプリメントやドリンクでプラセンタを摂取する場合もそうですが、何よりも一番大事なのは安全性です。プラセンタ医療の第一人者吉田健太郎氏が代表を務める「日本胎盤臨床医学会」の見解によれば効果とともに安全性が確認されている注射方法は①皮下注射(ツボ注射含)②筋肉注射(ツボ注射含む)となっている。

医療機関によっては③静脈注射や④点滴注射などによる治療行為も行われているが、安全性に関する明確な根拠が無いと言われています。従って注射を受ける場合は、利益だけでなく安全性もしっかりと考慮した医療機関で治療を受ける必要があることに注意して下さい。

日本胎盤臨床医学会に登録している医師はプラセンタ治療に関する豊富な知識が有りますので安心して治療を任すことが出来ると言えるでしょう。健康目的であれ治療目的であれ自宅近辺でプラセンタ注射を受けられる医療機関を探す場合には「日本胎盤臨床医学会」の登録医をチェックすると良いでしょう。

とは言え、日本でプラセンタ医療が急速に広まって既に60年以上経っていますが、これまで1件も副作用や安全上の問題が報告されていないことを考えるとそこまで気にする必要はないのかもしれませんね。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み