馬プラセンタサプリ比較ネット
足の冷え

若年性更年期障害の症状である「冷え性」「便秘・下痢」「貧血」について3つのカテゴリーに分けてそれぞれ症状が発生する原因と対処方法、そしてプラセンタがどのように効果を発揮するのかを見て行きたいと思います。

ページ内リンクも用意しておりますので、良ければご利用になって下さい(^_^;)

冷え性の原因と対処方法
便秘・下痢の原因と対処方法
貧血の原因と対処方法

まずは、冷え性から見ていきますね^^

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

冷え性の原因と対処方法

足の冷え冷え性とは手足・背中・腰などがとても冷たくなってしまう症状で、特に女性は冷え性になりがちです。

症状別では手足が冷える人が多く、ひどい人は真夏なのに靴下を履かないと足先が寒すぎて眠れないという人もいます。

特に手足の場合は人間の体の中で最も先端部分に有りますから、その他の部位に比べて血液がしっかりと循環しない部分であり、手足の冷え性は元来なりやすいものと考えられます。

これにプラスして自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れが生じると血管の収縮と拡張の管理が上手く行われなくなり、更に血管の巡りが悪くなってしまい冷え性になってしまうと考えられます。ですから冷え性を解消するには自律神経・ホルモンバランスを正常に維持することが重要です。

ストレス
最近の若い女性は職場においても友人関係においてもストレスを感じざるをえない状況に有ります。

また、最近の女性は以前にもましてスレンダー志向なので過度なダイエットで栄養が偏っているとホルモンバランスも崩れています。

これらの結果、交感神経が強く働き、血管が収縮するので血の巡りが悪くなり冷えを発生させます。

対処方法としてはマッサージや入力などで血液の流れをスムーズにしたり、暖かい肌着を着て血行を良くすること。当然、ストレスを感じないような生活を心がけると共にストレスを感じても上手く気分転換することも必要ですし、栄養の整ったバランスの良い食事をとる必要もあります。

プラセンタには「内分泌(ホルモン)調節作用」「血行促進作用」「自律神経調整作用」が有りますから根本から冷え性を治療することが出来ます。

冷え性の人はプラセンタを飲むと良いかも。その他冷え性対策も!

実際、プラセンタ注射を受けた人は、その場で体がポカポカするのを感じたり、継続して注射を受けている間に冷え性が改善されたという事例が有ります。

便秘と下痢の原因と対処方法

便秘と下痢は両者ともに同じようなメカニズムから発生します。特に女性は便秘で悩まされる方が多いのでここでは便秘をメインにして話をして行きたいと思います。

便秘には【自律神経の乱れ】から来るものと【腸の過敏反応】から来るものの2種類に分けることが出来ます。更に自律神経の乱れから来るものも2種類に分かることが出来ます。

①自律神経の乱れー我慢

実は女性の便秘の原因の大半が我慢することによる自律神経の乱れが原因です。理由は何であれ便意を感じているのに意識的に我慢をし続けることにより、体がその状態に慣れてしまい、出したいと思っても出せない慢性便秘に移行してしまいます。

専門的な話をすると「出したいのに出さない」という状態は出したいという本能に対して、出さないという理性が働いている状態です。すると視床下部には相反する二つの命令が出され、どちらを選択して良いのか分からなくなってしまいます。

その結果、自律神経のバランスが乱れてどちらの命令を受けたらいいのか曖昧になり結果、慢性便秘に繋がってしまいます。

②自律神経の乱れーストレス

ストレスが原因による自律神経の乱れで便秘になってしまう人も多いです。(先ほどの「自律神経の乱れー我慢」も最終的にはストレスになりますしね。)

現代女性は昔に比べて様々なストレスに晒されており、それが原因で交感神経を刺激した状態にします。交感神経が高ぶっていると腸の活動が抑制されて、排泄作業がなかなかうまく行かず結果として便秘に繋がるのです。

③腸の過敏反応

こちらもストレスによって生じるタイプですが、②の場合とは異なり自律神経が乱れた結果便秘・下痢になるのではなく、ストレスや疲れがダイレクトに腸に伝わって異常症状を起こすものと考えられており、過敏性腸症候群と呼ばれます。

種類として便秘型・下痢型はもちろんのこと厄介なことに便秘と下痢が交互に来る症状もあります。


下痢に関しては全て便秘とは反対の状態が生じていると考えてもらうと分かりやすいでしょう。

プラセンタは自律神経のバランスを整える「自律神経調整作用」が有りますので便秘・下痢にも効果的であるとされており、その他にも体の状態を整える各種調節機能がありますから全般的に治療に役立ちます。

便秘の原因と対策~プラセンタでひどい便秘を和らげられるのか?

貧血の原因と対処方法

貧血にも色々な種類が有るのですが、【鉄欠乏性貧血】が女性の貧血の95%の要因を占めているため【鉄欠乏性貧血】のメカニズムを解説します。

この貧血は赤血球中のヘモグロビン量が低下することにより起こるものです。ヘモグロビンは人間の体にある約60兆個の細胞一つ一つに酸素を運んであげる役割を持つのですがヘモグロビンが少なくなると全ての細胞に酸素が行き渡らなくなります。

その結果として「気だるさ・息切れ動悸」といった症状に繋がります。ヘモグロビンは鉄分やタンパク質から出来ていますので、生成するには鉄分やタンパク質を補給することが必須です。

プラセンタには栄養成分として鉄分が元から含まれていますし、造血作用も有りますので貧血全般の改善に有効であると言えます。

プラセンタの貧血解消効果とその他の貧血解消法

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み