馬プラセンタサプリ比較ネット
成長

プラセンタ【胎盤】に含まれる多様な成分」で紹介したように、プラセンタには豊富な栄養素が含まれています。これだけの栄養素を毎日食事で補うのは非常に大変な事なので、プラセンタサプリで簡単に摂取出来るのは嬉しいポイントですよね。

しかし、豊富な栄養素を含んだサプリメントなら、含有量や種類に違いは有れどプラセンタサプリ以外にも販売されています。敢えてプラセンタを選ぶ理由が無いのでは?と思う人もいるかもしれません。

ここからが重要なポイント!

プラセンタには豊富な栄養素以外に「成長因子」というプラセンタ独自の成分が含まれています。成長因子は細胞の活性化や分裂を促進する作用が有り、美肌効果やアンチエイジング効果など様々な効果をもたらします。

この成長因子の存在が、その他のサプリと差別化される理由で有り、プラセンタの最大の特徴です。そこで、今回はプラセンタに含まれる「成長因子」について紹介していきたいと思います。

プラセンタの成長因子の働き

成長因子は、細胞の活性化や分裂を促す働きが有ります。「細胞」と言われてもピンと来ませんよね。それもそのはず、人体の細胞の中で最も大きいとされる「卵子」ですら約0.2mmしか有りません。

わかりやすい例を挙げるなら、肌のターンオーバーでしょうか。ターンオーバーとは、古い肌が時間とともに剥がれ落ち、「細胞分裂」によって生まれた新しい肌が表面に押し上げられていく事、つまり肌の生まれ変わりの事を言います。

ターンオーバーが正常に行われるためには「細胞分裂」が非常に重要となってきます。そして、この細胞分裂を促すのが、成長因子(EGF(上皮細胞増殖因子))というわけです。ターンオーバーの周期は加齢とともに長くなっていくので、プラセンタで成長因子を摂取する事で、ターンオーバーの周期を維持又は短く(あるいは正常に戻す)して美肌を保つ事が出来ます。

ターンオーバー

そして、成長因子には種類が有り、体の各部位を構成する細胞毎に【働きかける成長因子】が異なります。肌には肌の成長因子が働くし、神経には神経の成長因子が働く・・・と言った感じですね。また、各成長因子は完全に独立して効果を発揮するわけではなく、時には互いに補完し合いながら細胞に影響を与えます。

では、それぞれの成長因子の働きを見ていきましょう。

HGF(肝細胞増殖因子)

HGFは肝臓の細胞を増殖する働きが有ります。また、肝臓だけでなく、各臓器や皮膚、血管、神経などが傷付いた場合に、傷を負った部分の細胞増殖を促して修復・再生する機能も有ります。

例えば、擦り傷を負った場合に、肌は時間の経過とともに自然に治って綺麗な状態になりますよね。この傷の治癒力は、HGFのおかげなのです。もちろん内蔵が傷ついた場合も同様です。

HGFは肝臓だけから分泌されるのではなく、無傷の他の臓器(肺や腎臓など)からも分泌されて、体全体を傷の修復・再生モードにします。

EGF(上皮細胞増殖因子)

EGFは、皮膚の3層のうちの表皮層に作用し、肌の成長・修復・再生に作用します。肌の成長作用により瑞々しく弾力の有る肌を維持する事が出来、修復・再生作用により肌の傷を回復する事が出来ます。また、ニキビ予防効果も有るようです。

EGFが有るのに、なぜ老化現象や傷の治りが遅くなるのか?それは、年齢とともにEGFが減少していくからです。これは、成長因子全般に言える事でもあります。美肌を保つには、EGFを摂取していく事が1つの方法となりそうですね。

NGF(神経細胞増殖因子)

NGFは、抹消交換神経から中枢神経までの神経細胞の増殖・再生に作用します。

近年、NGFを用いたアルツハイマー病の治療に注目が集まっています。まだ、研究段階では有りますが、将来的にはアルツハイマーも不治の病ではなくなるかもしれませんね。

FGF(線維芽細胞増殖因子)

FGFは、皮膚の3層のうちの真皮層に有る「線維芽(せんいが)細胞」の増殖・再生に作用します。線維芽細胞は真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生成する細胞です。

線維芽細胞が減少すると、真皮層を構成するコラーゲンなどが減少して真皮層のハリが無くなり、上層部に有る皮膚表面の表皮層が沈下してしまいます。するとどうなるか?肌にシワやくぼみといった症状が現れる事になります。

FGFが線維芽細胞の増殖を促す事で、コラーゲンなどが生成され皮膚の各層が持ち上がり、ハリの有る肌を維持する事が出来ます。

IGF(インスリン様成長因子)

IGFは肝臓をはじめとした各組織で生成され、体全体の細胞増殖・細胞運動の促進に作用します。人が発達・成長するためには、必要不可欠な成長因子として位置付けられています。

CSF(コロニー形成刺激因子)やインターロイキン

CSFは、血液に含まれる「白血球(顆粒球やマクロファージなど)」を生成する成長因子です。白血球は体内に入ってきた細菌などを除去するため、CSFは免疫力向上に作用する成長因子となります。

インターロイキンは、白血球から生成され、30種以上もの種類が存在しています。発見された順にIL(インターロイキン)-1・IL-2のように番号が付されています。それぞれが固有の役割を果たしますが、基本的には免疫力の向上作用を持っています。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み