馬プラセンタサプリ比較ネット
ストレス

生理痛や生理前のイライラに代表される月経前緊張症に悩まされている女性は相当数いらっしゃると思います。ということで、両者への対処療法やプラセンタの作用などを解説して行きたいと思います。

まずは、月経前緊張症から^^

月経前緊張症とプラセンタ

月経前緊張症とは人によっても変わりますが、大体月経の3日前~10日前くらいから来るイライラに代表される不快症状の事です。概ね下記のような症状が表れるのではないでしょうか。

  • 頭痛
  • イライラ
  • 精神的落ち込み
  • 乳房の張り・痛み
  • 便秘
  • むくみ
  • 下腹部痛
上記のような症状を月経前緊張症と言い、生理が始まると次第に収まっていくという特徴があります。

原因はまだ完全には解明されていないのですが、月経の前から数えて3日~10日前くらいから症状が現れるので、その時に分泌されているプロゲステロンという女性ホルモンの影響でこの月経前緊張症が発生するのではないかと言われています。

また、下記のような特徴を持っている人は月経前緊張症が強く表れる傾向に有るようです。

  • 神経質な人
  • 緊張しいの人
  • ストレス耐性が低い人

あの生理前のイライラ・不快感がもうすぐ来るぞ来るぞ・・・と思っているとそれがストレスになってしまい更に症状を強めてしまう傾向にあります。そのため、ストレスに弱い人は月経前緊張症自体の症状が重くなってしまうんですね。

通常月経前緊張症がひどい場合には鎮痛剤であったり精神安定剤が処方されます。

なお、プラセンタには「内分泌調整作用」が有るため、月経前緊張症の原因になっていると推定されるプロゲステロンの分泌に関しても適度に調節してくれることが分かっています。症状を根本から治癒しにかかるので非常に効果的だと言われています。

※内分泌調整作用はホルモン調整作用と同義です。

また、その他の対処方法としては「心を落ち着かせてリラックスすること」が挙げられます。例えば軽い運動をしたり、自分の大好きな音楽を聞いたりすることですね。アロマテラピーや半身浴など自分がリラックス出来るもので実践して下さい。

リラックス

豆知識ー心が落ち着くメカニズム

リラックスした状態を保つと、自律神経のうち副交感神経が働きます。するとその神経の末端から「アセチルコリン」と呼ばれる神経伝達物質が放出され、これが心の落ち着きや充実感に繋がるんです。

反対に、興奮状態に有る時は自律神経のうち交感神経が働き、有名な「ノルアドレナリン」が分泌されます。

なお、心が落ち着いてリラックスした状態では何事に対しても対応力が高まりますので、ストレスへの耐性も強くなると言われています。月経前緊張症はストレス耐性が弱いと重くなる傾向にありますから、そういう意味でも日々リラックスした状態を作り出せるように努力すると良いでしょう。

生理痛とプラセンタ

月経前緊張症が終わっても、女性には生理痛と呼ばれる厄介なものが残っていますね(^_^;)症状としては頭痛や腰痛・下腹部痛がポピュラーなものでしょうか。

生理痛生理痛の原因はプロスタグランジンと呼ばれるホルモンの分泌が過剰になり、これが生理の血を外に出す時の子宮の収縮を激しくするからだと言われています。

ここで子宮の収縮が強いほど、痛みも強く感じることになります。

さらに月経血の排出口である子宮頚管が細い場合に月経血の巡りが悪くなり、そこでうっ血してしまうと痛みを感じるようです。特にまだ子供を産んだことが無い人は子宮頚管が細い人が多いので痛みを感じやすいです。

痛みが激しくて日常生活もままならない場合には病院で治療を受けることをオススメします。プラセンタ注射を受けて生理痛が気にならなくなったという方も多数いらっしゃるようです。

プラセンタには先程の「内分泌(ホルモン)調節作用」が有りますので「プロスタグランジン」の分泌を調整して痛みを軽減してくれますし、「血行促進作用」が有るので、うっ血を防ぐのに役立ちます。

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み