馬プラセンタサプリ比較ネット
便秘

女性の大きな悩みの1つとして挙げられるのが「便秘」ですよね。私もひどい便秘に何度も悩まされた事が有りますm(__)m

便秘

通常、排便は毎日行われますが、何かしらの原因で2、3日以上排便が行われない状態が続くと「便秘」と判断して良いかなと思います。ちなみに便秘の症状は、男性よりも女性に多く発生します。その理由は、女性のほうが無理なダイエットしがちですし、精神的な問題でストレスを感じやすいといった側面が有るためです。

また、便秘は大きく4つの種類に分けられ、それぞれ原因も異なります。そのため、便秘に悩む人は、自分の便秘の症状がどの種類なのかを見極めて対策を施していく必要が有ります。

そこで、今回は便秘の種類と原因、そしてどのような対策が効果的なのかを紹介していきます。

便秘の種類と原因、そして対策

冒頭で紹介したように、便秘には以下のように4つの種類が有ります。

  • ①弛緩(しかん)性便秘
  • ②痙攣(けいれん)性便秘
  • ③直腸性便秘
  • ④器質性便秘

4種類のうち上の3種類(①と②と③)をまとめて「機能性便秘」と総称する事も有ります。

弛緩(しかん)性便秘の原因と対策

弛緩性便秘は、大腸が緩んでしまい、蠕動(ぜんどう)運動が低下して大腸内に便が留まってしまう便秘です。蠕動運動とは、大腸の収縮運動を指し、腸内で消化物を移動させる役割が有ります。弛緩性便秘は、この運動が低下するわけですから、便秘になるのも頷けますね。

便秘症状以外にも、食欲低下や肩こり、肌荒れなどの症状を伴う場合が有ります。

弛緩性便秘になる原因は、主に以下のような事が考えられます。

  • 運動不足
  • 水分不足
  • 食物線維不足
  • 無理なダイエット
  • 腹筋力の低下 等

便秘症状の多くは弛緩性便秘と言われていて、女性や高齢者に多く見受けられます。

弛緩性便秘を解消する為の対策は、大腸に刺激を与えて低下してしまった蠕動運動を活発にする事です。

ランニング

では、どのように刺激を与えるのか?まず1つ「定期的な運動(ランニングやウォーキングなど)」が考えられます。運動によって、大腸を始めとした内臓が刺激を受けて活性化に繋がり便秘を解消する事が出来ます。

そして「食物繊維」の摂取によっても、大腸を構成している結腸を刺激する事が出来ます。便秘の人なら「食物線維を取れば?」と、よく言われたのではないでしょうか?その背景には、こういった理由が有ったんですね♪

また、弛緩性便秘の原因である運動不足や腹筋力の低下、食物繊維不足の対策にもなりますね。あと、ダイエットをしている人は、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

痙攣(けいれん)性便秘の原因と対策

痙攣性便秘は、副交感神経が過度に刺激され、大腸の一部がギュッと引き締まった状態になってしまい、便をスムーズに移動させる事が出来ずに、ウサギの糞のようなコロコロとした排便になってしまう便秘の事を言います。

食後に下腹部の痛みを伴う場合が有ります。また、便秘と交互に下痢の症状が現れる事も有ります。

痙攣性便秘になる原因は、主に以下のような事が考えられます。

  • ストレス
  • 過労
  • 過敏性腸症候群(ストレス等が原因で腸が過敏に反応してしまう疾患) 等

痙攣性便秘を解消する為の対策は、休養をしてリラックスする事です。ストレスや疲れが原因なので、なるべくこれらを溜めないようにする事が大切です。リラックス状態を維持する事で、交感神経が正常に働き、大腸の緊張状態もほぐれていきます。

リラックス

■注意点
痙攣性便秘は、大腸が緩んでしまう弛緩性便秘とは違い、大腸が緊張状態にあります。そのため、刺激を与えてしまう運動や食物線維はなるべく控えた方が良いでしょう。食物繊維に関しては、アボガドやオクラ、納豆などの水溶性食物繊維なら大丈夫です。

直腸性便秘の原因と対策

直腸性便秘は、直腸(肛門直前の大腸の部分)に便が到達しても、排便反射(便意を催す事)が起こらずに直腸部分に便が溜まってしまう便秘です。習慣性便秘とも言われます。

直腸性便秘になる原因は、排便を我慢してしまう事です。我慢する理由は人それぞれで、寝たきりの場合や排便時の痔の痛み、恥ずかしさなどが考えられます。女性は特に「恥ずかしさ」から排便を我慢してしまいますよね(特に若い女の子は)。

便秘

排便を無理に我慢し続けると、排便反射が抑制され、便意に気付かなくなってしまい便秘となるわけです。

直腸性便秘を解消する対策は、水分を多めに補給する事です。直腸に溜まった便は水分が吸収されてカチカチに硬くなっていて、便意を催しにくくなっています。

そして、最も重要なのは、トイレを我慢しない事です。

器質性便秘の原因と対策

器質性便秘は、重大な疾患(イレウスや大腸がんなど)が原因で、便の通過障害が起こる便秘です。血便や吐き気、嘔吐、腹痛などの症状を伴います。

器質性便秘は、もはや便秘をどうこうと言う話ではなく、根本的原因である疾患を治療する事が重要です。症状が発生すれば、すぐに病院で診察を受けましょう。

プラセンタの便秘への効果

プラセンタには「自律神経調節作用」が有るので、副交感神経が刺激されて便秘になる「痙攣性便秘」を解消する効果が期待出来ます。また、プラセンタは内臓や細胞を活性化する効果も有るので、大腸の働きが低下してしまう「弛緩性便秘」にも効果が期待出来ます。

さらに、便秘の影響で荒れてしまった肌を元通り以上に回復する「美肌効果」も有るので、便秘で悩んでいる女性にはオススメです。

参考:下痢の原因とプラセンタによる下痢の緩和効果について

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み