馬プラセンタサプリ比較ネット
ブタ

豚(ブタ)プラセンタは現在の日本のプラセンタ商品の主流になっており約8割~9割程度は豚由来のプラセンタ商品ではないでしょうか。それ以前には牛由来のプラセンタを使った商品が多かったのですが、狂牛病に端を発した問題で2001年3月12日に厚労省が「プラセンタの原料にウシ、シカ、羊などの反芻動物の胎盤を使ってはいけません」という通達を出しました。

その結果としてウシからブタへと言う流れが出来たことに加えて、ブタは原料も安定的に確保できウマに比べると安価という理由から爆発的に利用商品が増えました。

豚の飼育体系は・・・

ブタ2皆様御存知のように豚の飼育は集団飼育です。狭い枠の中に何匹・何十匹もの豚が一緒に育てられている映像などを見たことが有りませんか?そのため伝染病なども気になる所です。

更に言えば、豚は病気にならないようにするために馬と比べて遥かに多くのワクチンや予防接種などを受けています。

それが直接胎盤に悪影響を及ぼすかと言われると断言は出来ないのですが、少なからず影響が有るのではないかと言われています。そのため豚由来のプラセンタ商品を選ぶ時はしっかりと豚の飼育方法を把握して品質管理が行き届いている場所で生育した豚を使っている商品を選ぶと良いでしょう。

SPF豚とデンマーク産の豚は安全!?

色々な豚がある中でも、現在プラセンタ商品に使われている豚由来の胎盤で品質・安全性が高いと言われている豚の産地及び種類としては「Spf豚」もしくは「デンマーク産の豚」だと言われています。

Spf豚とは?

Spf豚のSPFの正式名称は「Specific Pathogen Free」。日本語で言うと「あらかじめ指定された病原体を持っていない豚」と訳すことが出来ます。

Spf豚は日本SPF豚協会が定めている衛生管理法に則って飼育を行い、抗生物質などの薬剤を投与せずに育てた豚の事です。一般的な豚と比べると遥かに高い衛生管理・品質管理の元で育てられているため安全性が非常に高いという側面が有ります。また、安全性が高い事もあり通常の豚プラセンタと比べて殺菌処理を抑えることが出来るため、有効成分の抽出を効果的に行えるというメリットが有ります。

デンマーク産の豚はなぜ安全?

デンマーク産の豚がなぜ安心・安全だと言われているかというと、デンマーク自体が酪農畜産国として世界トップレベルの技術を持っているからです。国家として酪農・畜産を推進しているわけですね。

従って、日本の一般的な豚の管理レベルより遥かに高く、豚一匹一匹にIDが付与されて管理を行い、徹底した施設内の殺菌、抗生物質等の投与の禁止、薬は獣医師が立ち会っている場合に投与する。などなど政府として非常に厳しい管理を行って飼育しています。そのため安全性は高く安心できるわけです。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み