馬プラセンタサプリ比較ネット
動脈硬化症

注:プラセンタは、骨粗鬆症や動脈硬化等の老年期障害改善にも役立つと言われていますが、国が正式に効果効能を認めている訳では有りません。プラセンタを積極的に利用されている医師の方々が自由診療でプラセンタを利用した結果、改善の方向に向かった患者さんがいるというレベルです。

今日は老年期障害の中でも怖いと言われている症状の「骨粗鬆症や動脈硬化症」などの予防・改善に【プラセンタ】が役立つ理由を簡単に紹介します。その後、動脈硬化症に絞ってその発生のメカニズムを説明し、なぜプラセンタが動脈硬化症に良いと言われているかを解説して行きたいと思います。

まだ「エストロゲンの低下・不足により骨粗鬆症・動脈硬化症が起こる仕組み」を読んでいない人は、そちらもチェックしておいて貰えると分かりやすくなるかと思います。

エストロゲンの減少を防いでくれるので予防改善に役立つ!

上記参照ページでも書いているように、骨粗鬆症や動脈硬化症が発生する原因の一つとしてエストロゲンの減少が挙げられます。という事はエストロゲンの分泌を促せば上記症状を予防・改善することが出来ると考えられます。

そこで、【プラセンタ】が活躍します。プラセンタには「内分泌(ホルモン)調整作用」が有ると言われており、更年期に入って減少しがちな女性ホルモンであるエストロゲンの低下を抑制し、分泌の促進をする役割も有ります。

いくらプラセンタと言えども急激に体内のエストロゲン量を増加させることは出来ませんが、エストロゲンが急激に減少するのを防いでくれますので、体への影響を最小限にしてくれます。その結果エストロゲン減少により発症する病気の発生リスクを抑えてくれます。

また、プラセンタには「内分泌調整作用」の他にも「活性酸素除去作用」「創傷回復促進作用」が有ることが分かっていますので、後述の動脈硬化症の予防・改善にも使われる事が有ります。

動脈硬化症の発生メカニズム

動脈硬化症の発生には「悪玉コレストロール(以下、LDL)」「活性酸素」が非常に大きく関わっています。

活性酸素をご存知でない方は「活性酸素とは」を先にお読みになると分かりやすくなります。

発生メカニズム

血管壁の内側に侵入したLDLが過激化した活性酸素により「酸化」される。

酸化したLDLをマクロファージという細胞が浄化しようとして体内に取り込む。

その結果、マクロファージはギラギラした泡沫細胞へ変わる。

この泡沫細胞が増えすぎると、血管壁の内側を押し上げてやがて破裂。

破裂すると泡沫細胞の死骸やLDLが血管中に多数存在する状態になるので血管壁が硬くなり、血管も狭くなる。

この一連の流れによって動脈硬化症が発生することになります。

プラセンタが動脈硬化症の予防改善に有効な3つの理由

先程も書いたように動脈硬化症の元凶は「活性酸素」と「LDL」です。

プラセンタには「活性酸素除去作用」がありますから、「活性酸素」を減少させることが出来ます。また、「内分泌調整作用」によってLDL値を下げる働きもあります。従ってプラセンタは動脈硬化症の二つに元凶に有効に働きかけることが出来るため動脈硬化症の予防改善に有効なのです。

更に、LDLが血管壁の内膜に侵入するのは血管壁が弱っているからだと言われています。プラセンタには「創傷回復促進作用」と言って傷の治癒力をあげたり、弱っている細胞を回復させる作用が認められていますので、そもそもLDLが血管壁に侵入しないようにして動脈硬化症が発生するリスクを下げる働きが有ります。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み