馬プラセンタサプリ比較ネット
アトピー

注:薬理作用が確認されていると言っても、国が正式に効果効能を認めている訳では有りませんので、そこは注意して下さい。

実際に保険が適用され厚労省が効果が有ると認めているのは、プラセンタ注射を「更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害」の治療目的で利用した場合のみです。その他は、効果が有るだろうと期待されている段階です。

プラセンタはアトピー性皮膚炎などアレルギー症状にも役立つといわれています。まず、その前にアトピー性皮膚炎について勉強しましょう。

アトピー性皮膚炎は「アトピー素因」を持っている人に発症する可能性がある皮膚炎の事でお肌が赤くなったりかゆみが出てしまう症状のことです。他にもお肌がカサカサして困っている人も多いですね。

昔はアトピー性皮膚炎の犠牲者は子供が中心で、子供も大きくなれば症状が緩和される事が多いなんていわれていましたが、今では子供・大人関係なく発症する可能性が有るといわれています。

アトピーの語源はギリシャ語で”奇妙”というそうです。現代においてもアトピーのメカニズムは完全に解明されておらず、昔であれば尚更ですのでこのような語源になったものと考えられます。

アトピーになる原因

アトピー性皮膚炎になる原因は【抗原抗体反応】が大きく影響していると考えれています。私達に人間の体には抗原抗体反応というものが備えられており、体内に異物(抗原)が入ってくるとこれらを取り除くために抗体が作られます。

しかし、これが正常に抗原を倒すためだけ抗体が作られれば問題ないのですが、時としてこの抗原抗体反応が異常を示し、抗原を倒すためだけでなく、体のその他の部位にまで悪い影響を与えてしまうことが有ります。これを【アレルギー】と言ったりしますね。

アトピー性皮膚炎もこのような抗原抗体反応の結果として発症する事になるわけですが、通常のアレルギーと異なる点を挙げるとすれば、その人が生まれつき「アトピー素因」を持っているか否かというところに尽きます。

まとめると、アトピー性皮膚炎になる人は

・アトピー素因を持っている(元々アトピー体質)
・アトピーを発症させる特定の抗原に出会ってしまった

という2つの特徴があります。抗原には食事やダニ・ホコリ・花粉など色々なものが考えられますが。どの抗原が発症の引き金になるかは個人個人によっても変わります。逆に言えばアトピーを発症させる抗原と出会わない限りアトピー性皮膚炎が発症する可能性は低くなります。

アトピー性皮膚炎が発症するメカニズムの詳細はこちらの記事へ

アトピー性皮膚炎の治療に使われるステロイドの副作用について

アトピー

アトピー性皮膚炎の治療と言えば、まず一番に頭に浮かんでくるのが「ステロイド」だと思います。現代においてもそれは変わらず多くの人がステロイド剤を使用しています。しかしながらステロイド剤と副作用は切っても切れない関係に有ります。

ステロイドとは元々腎臓の上方にある副腎と呼ばれる臓器から分泌されている副腎皮質ホルモンです。つまりステロイドを塗るという事は肌の上から本来であれば体内から分泌されるホルモンを塗布しているということになります。

いくらステロイドに効果が有るとはいえ、副腎皮質ホルモンを皮膚から与え続けると、腎臓が本来の役割である【副腎皮質ホルモンを放出する】ということを怠ってしまい、腎臓の機能低下が起こり、ホルモンバランスが乱れます。

コレにより皮膚が薄くなったり、細菌やウィルスの侵入を容易にしてしまう可能性が有ります。また他にもよくいわれるステロイドの副作用としてはムーンフェイス・糖尿病・高血圧症などが挙げられます。

また副作用が嫌だからといってステロイドを急にやめてしまうと【リバウンド】と言ってカユミや炎症などが更にひどくなってしまう症状なども見受けられますので、ステロイドを中止する場合は適切な医師の指導のもとで行う必要があります。

プラセンタはアトピー性皮膚炎にどのように効くか?

プラセンタには「プラセンタの効果効能」でも書いているように、多くの薬理作用が発見されています。アトピー性皮膚炎との関係で見てみれば

  • ホルモンバランスを調節する内分泌調整作用
  • 炎症を抑える抗炎症作用
  • 皮膚本来の力を取り戻す「免疫調節作用」
  • 「抗アレルギー作用」「体質改善作用」
などが複合的にアトピーに働き、その治癒を目指すことになります。アトピーで悩んでいた人がプラセンタ治療を始めたおかげでステロイド投与をしなくてよくなったという事例が多数報告されています。

なお、アトピー性皮膚炎に対してプラセンタ治療をする場合は適切な医師の診断のもとで行うようにして下さい。ステロイド剤をいきなり中止してプラセンタ投与を行うとどうしてもステロイド剤のリバウンドが心配です。

一般的には最初はステロイドとプラセンタ療法を併用して、プラセンタのホルモン調節作用が上手く効きだしてからステロイドの投与を徐々に減らしていくようです。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み