馬プラセンタサプリ比較ネット
ビタミンC

ビタミンの中でも美容・エイジングケアにとって一番大事と言われているビタミンCですが今日は閑話休題ということでビタミンCにまつわる嘘・本当を紹介したいと思います。ちょっと美容と関係の無い話も入ってきてしまいますがお付き合い下さい。

ビタミンC

ビタミンCの色って本当は何色?

実はビタミンCの色は無色透明です。多くの人にはビタミンCイコールレモンという発想が有るので意外に思ったかもしれませんが、無色透明なのです。ではなぜ我々に美容の王様ビタミンCは黄色というすり込みがなされているのか?これには大きく分けて2つの理由が有ります。

1つはメーカーによるイメージ戦略。そしてもう1つはビタミンCの変色に対する消費者の誤解を避けるためです。それぞれ詳しく見て行きましょう。

■メーカーによるイメージ戦略

いまは多くの人がお金を払って「水」を買う時代です。水道水であれば無料で入手できますがそれでも安全や健康に気を遣ってわざわざミネラルウォーターを買う時代です。しかし戦後まもなくは水は無料で手に入る物であってお金を払ってまで入手するものではないという考え方が一般的でした。

ビタミンCの色は先ほど言ったように無色透明で見た目はほぼ水と変わりません。あまり食料も豊富ではない戦後の時代において、水溶性のビタミンCは不足しがちでしたが水と同じ色のままビタミンC入りのドリンクを販売しても売れないだろうと考えたメーカー各社がビタミンCに黄色の着色料をつけて水との差別化を測ったことが「ビタミンCイコールレモン色」と私達が認識するようになったきっかけです。

■変色に対するマイナスイメージを払しょくするため

ビタミンCは時間が経つに連れて黄色に変色していきます。変色したとしてもビタミンC自体はあまり分解されないため栄養素を取る分には問題ないのですが、やはり人間色が変わったものを飲むのは抵抗感が有るものです。

そこで最初から黄色にしておくことで、変色に対するマイナスイメージを払拭したかったという理由も有るそうです。

化粧品に含まれているのはビタミンCそれともビタミンC誘導体?

ビタミンCはシミやそばかすの元であるメラニンの生成を抑制したり、お肌の弾力の元であるコラーゲンの生成を手助けするなど、美白効果・美容効果には定評が有ります。では実際のところ化粧品に含まれているビタミンCはビタミンCそのものなのでしょうか?はたまたビタミンC誘導体の方でしょうか?

正解は「ビタミンC誘導体」です。御自分がお持ちの化粧品の成分表を見てみて下さい。多くの化粧品でビタミンC誘導体の記載が有ると思います。ビタミンCの化学名である「アスコルビン酸」を使っている化粧品のほうが少ないのが現状でしょう。

なぜか?と言うとビタミンCはビタミンC誘導体に比べて安定性にかけるからです。先程も書いたようにビタミンCは変色しやすいのでビタミンCそのものを配合してしまうと化粧品も変色してしまうんですね。品質に問題は有りませんが、色が変わった化粧品を使う人もあまりいないでしょうから安定性に勝るビタミンCが利用されているわけです。

ちなみにビタミンC誘導体は不安定なビタミンCを安定した形で体内に取り込むために開発された化合物の事を言います。

ビタミンCの点滴療法について

ビタミンCには美容目的だけでなあく抗癌作用を期待しての医療目的での点滴治療が有ります。美容目的と医療目的で何が違うのか?と言うと一度に投与するビタミンCの量が違います。大体医療目的の場合のほうが10倍~20倍程度多いそうです。

ちなみにビタミンCの点滴療法に関してはプラセンタ注射と同じく未だ副作用の報告はなされておらず、天敵を受けることによって翌朝の肌のハリや化粧のりがよくなったり、朝の目覚めが良くなったりと良い事ずくめのようです。

ただ、プラセンタ注射と同じように保険適用ではなく自由診療なのでご利用は計画的に・・・という感じでしょうか。

ビタミンCを摂取するタイミングはいつが良い?

ビタミンCは体内で合成することが出来ないため、私達がビタミンCの美容効果を享受するためには食べ物や飲み物などを使って定期的にビタミンCを摂取していかなければなりません。

ではどれくらいの感覚でビタミンCを摂取していけばいいか?というとズバリ6時間間隔です。食べ物の種類によっても変わるので一概には言えないのですが摂取後2時間~3時間で血中濃度がピークとなりその後減少していきます。

そういう意味では6時間おき、食事のタイミングとしては朝昼晩に適量摂取するように考えていくのが良いと思います。大量に摂取しても使いきれなかったビタミンCは尿として排泄されるので定期的に取っていくことがお肌にとって一番ベストです。

以上、美容を気にかけている皆さんが気になりそうなQ&Aをまとめてみました!他にもビタミンCの疑問は色々と有るので好評であれば続編追加します~

参考:ビタミンCの効果や摂取量の目安、多く含まれる食べ物

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み