馬プラセンタサプリ比較ネット
お試し

最終更新日:2016年9月10日

このページでは正規の値段よりも、価格が安めで10日~15日程度のお試しセットが購入出来る「プラセンタサプリ」のまとめを紹介していきます。

お試し商品は、通常の価格に比して多めに商品が入っている事が多いので、コレはコレでお得です。大体価格帯も1,000~3,000円程度で済むので、効果やサポートなどを含めて【どのプラセンタ商品が一番自分に合っているか!?】を考えるのにトライアル商品は非常に有益です。

馬プラセンタサプリのお試し商品一覧

馬胎盤を使用したプラセンタのサプリメントのお試し商品一覧はこちらからです。

商品名 お試し内容

キレイ・デ・プラセンタ

キレイ・デ・プラセンタ

お試し価格:1,000円
お試し日数:10日分
1日あたりの価格:100円

プラセンタファイン

placentafine-renewal

お試し価格:2,980円
お試し日数:15日分
1日あたりの価格:198円

美活 馬プラセンタ100

美活 馬プラセンタ100

お試し価格:980円
お試し日数:10日分
1日あたりの価格:98円

プラセンタ01

プラセンタ01

お試し価格:1,000円
お試し日数:10日分
1日あたりの価格:100円

ワインプラセンタ

ワインプラセンタ

お試し価格:500円
お試し日数:5日分
1日あたりの価格:100円

ココロプラセンタ

ココロプラセンタ

お試し価格:2,808円
お試し日数:10日分
1日あたりの価格:281円

注:お試し商品では有りますが特別価格というわけではなく単品1袋を3分の1の量にした商品です。

馬プラセンタ5250

馬プラセンタ5250袋粒

お試し価格:4,900円
お試し日数:15日分
1日あたりの価格:326円

ピュルサンプラセンタ

ピュルサンプラセンタ

お試し価格:1,980円
お試し日数:10粒(10日分)
1日あたりの価格:198円(1日2粒の場合)

TBCプラセンタ

tbcプラセンタ-3

お試し価格:1,080円
お試し日数:7日分
1日あたりの価格:154円

馬プラうるリッチ

馬プラうるリッチ

注:販売停止済

お試し価格:4,536円
お試し日数:15日分
1日あたりの価格:302円

パールプラセンタ

パールプラセンタ150

お試し価格:3,996円
お試し日数:30日分
1日あたりの価格:133円

豚プラセンタサプリのお試し商品一覧

豚胎盤を使用したプラセンタのサプリメントのお試し商品一覧はこちらからです。

豚プラセンタのおすすめはこちら


商品名 お試し内容

プラセンタ100

プラセンタ100

お試し価格無料
お試し日数:7.5日分
1日あたりの価格無料

無料でモニターになれば現在も980円で販売されているチャレンジパックを貰えます。送料も無料です。

スノーヴァ プレミアムプラセンタ

スノーヴァプレミアムプラセンタ

お試し価格:1,890円
お試し日数:10日分
1日あたりの価格:189円

セレブの時間 プラセンタタブレット

セレブの時間

お試し価格:980円
お試し日数:5日分
1日あたりの価格:196円

プラセンタつぶ5000

プラセンタつぶ5000

お試し価格:980円
お試し日数:15日分
1日あたりの価格:65.3円

プララの宝石

プララの宝石箱

GOLDのお試し商品
お試し価格:1,080円
お試し日数:7日分
1日あたりの価格:154.3円

PLATINUMのお試し商品
お試し価格:980円
お試し日数:7日分
1日あたりの価格:70円

エターナルプラセンタ

エターナルプラセンタ175

お試し価格:950円
お試し日数:10日分
1日あたりの価格:95円

豚プラセンタのおすすめはこちら


コラム番外編ーへその緒も胎盤の一部

「胎盤=プラセンタ」で間違い有りませんが、実は【へその緒】も胎盤の一部です。日本では多くの家庭で、出産時に切り取ったへその緒を保管しておいて、大きくなったら子供に見せてあげるという風習が有りますよね。
 
現在において「へその緒」はただ記念にとっておくだけですが、昔の言い伝えなどを調べてみると、実はもっと実質的な役割がへその緒にはあったようです。
 
昭和・平成における医学の進歩は凄まじく、昔は助からなかったであろう病気でも、現在は完全に治療できるものもあります。しかし、以前は病気等で幼くして無くなる子供が非常に多かったですよね。

「7歳までは神の内」とも言われ、生まれて7歳まではまだまだ成人に比べると免疫力も弱く、病気で死んでしまっても神様に召し上げられたのだと理解して、亡くなってしまっても仕方ないと考える風習が有りました。
 
とある文献によれば、「7歳までは神様から子供を預かっているだけの状態である。」なんてことも言われていたそうです。今では考えられませんけどね・・・・
 
そこで、子供の健やかな成長を願って、桐箱等に入れて大切に保管して置いたのが「へその緒」です。そして、子供が何か重い病気を患った時には「へその緒」を粉にして飲ませたり、煎じて飲ませたりするなど【万病に効く最終手段】として使われていたと言われています。
 
 
今現在、人間以外の動物たちは出産後に後産で出てくる「胎盤」を出産直後に全て食べてしまいます。本能的に胎盤には豊富な栄養素が含まれていることが分かっているでしょう。胎盤を食べることにより、出産で疲弊した体にパワーを与えているのだと理解されています。もしかしたら、原始時代には人間も胎盤を食べていたのかもしれませんね。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み