LDL(悪玉)コレステロール値がプラセンタで改善され一安心

LDL(悪玉)コレステロールの値とそれに伴う総コレステロール値の値が非常に高いと言われたのが去年の健康診断でのこと。

LDLコレステロールは基準値70~139mg/dlを大きく超える190で、総コレステロール(t-cho)は258も有りました。HDL(善玉)コレステロール値は最低基準値を上回っていたためそこだけは良かったのですが、やはりLDLコレステロールが高いと動脈硬化による心筋梗塞など様々なリスクが有ると医師から言われて食生活を見直すように言われました。

私は既に58歳と還暦も近く血中脂質が高くなってくる年齢ですから、もっと気をつけておく必要があったかもしれません。息子がまだ20代で実家住まいということも有りコレステロール高めの食事を作って挙げることが多く、私もそれにつられて一緒にその食事を口にしてたのが原因だったのだと思います。

我が家はまだまだ息子も若く私が病気になってしまうと迷惑をかけてしまうと思い、かなり面倒でしたが、家族用の食事と私用の食事と分けて作るようにしました(もちろん、毎日は大変なので出来るだけ私用の食事を家族用の食事にしながら・・・笑)

私用の食事のメニューとしては青魚や海藻類、野菜などLDLコレステロールを減らしてくれる不飽和脂肪酸を含む食品中心の献立にしました。それに加えて何かプラスで自分でできる事は無いものだろうか?と探して知ったのがプラセンタでした。

プラセンタには血液循環を良くしてくれる血行促進作用や新鮮な血液の生成を促す造血作用などが有り、LDLコレステロールなどのせいでドロドロになってしまっている血液を綺麗にしてくれる作用があると知ったからです。もちろん、還暦近くなって目元のシワや顔全体に出来るシミなどにも効果が出れば嬉しいなぁとおもったことは言うまでも有りません(笑)

一応私が試してみたのがプラセンタファインという商品です。

プラセンタファイン入れ物

試してみた人の97%が結果に満足するという数値はその他の商品と比べても圧倒的でした。1日1粒で良かったのも続けられた理由です。ちょっとサプリメントが大きくて飲み込むのが辛かったですが1日1粒なら耐えられるレベルです。

そうやって食生活+サプリメントでLDLコレステロール対策をしていった結果、翌年の健康診断ではLDL(悪玉)コレステロール値は前年の190から140まで下がり、総コレステロールに関しては258から基準値内の211まで下がりました。

LDLコレステロールはまだ惜しくも基準値内には収まりませんでしたが、これだけ下がれば今後も同じ生活を続ければ次の健康診断の時には基準値内に収まりそうで一安心です。病院の先生も「よく頑張りましたね」と褒めて下さり、嬉しい限りです。

食生活・生活習慣を見直す事が前提に有りますけど、プラセンタもきっとコレステロールを下げるのに役立ってくれたのでは?と思っています。美容への副次的な効果有るのでコレステロールが高い人におすすめです!!

58歳 ヨシコさんのプラセンタ体験談

LDL(悪玉)コレステロールとは?危険性は?

LDLコレステロールとは血液中に流れる脂質のことで通称悪玉コレステロールと言います。悪玉だからといって必要がないものでは有りません。LDLコレステロールも細胞やホルモンを生成するために無くてはならないものです。

しかしながら、これらは血液中に存在する脂質ですからこれが多くなりすぎると困ったことになります。血液中のLDLコレステロールが多いほど活性酸素により酸化されてしまう可能性が高くなり、白血球の一種「マクロファージ」の栄養素として処理されます。

通常マクロファージはLDLコレステロールを食べることは無いのですが、活性酸素により酸化されたLDLコレステロールとなると際限なく食べ続けます。そして食べ過ぎて動けなくなったマクロファージが血管組織に張り付いてしまい血液の流れを阻害していきます。

こうなると今まで血液サラサラだった人でも血液はドロドロに・・・・血液がドロドロになると「動脈硬化」という怖い病気になってしまいます。人間は血液を経由して栄養素や酸素を各器官に送り込みますから血液がドロドロになって血液循環がうまく行かなくなると大問題です。

例えば動脈硬化(血液ドロドロの状態)が脳で起こると脳梗塞、心臓で起こると心筋梗塞になります。そのためLDLコレステロールや中性脂肪といった血中脂質が高い状態は危険なのです。

ちなみに日本人の死亡要因の2位は動脈硬化を原因とする心筋梗塞、3位は脳梗塞を含む脳卒中です。2位と3位の原因の大元は動脈硬化ですから注意したほうがいいですよね。

プラセンタがLDLコレステロールを下げるのに効果的な理由

体内のLDLコレステロールが活性酸素と出会ってしまうと動脈硬化の原因となってしまうことは先ほど述べました。プラセンタには現代病の原因の9割とも言われる活性酸素除去作用が有りますのでLDLコレステロールが活性酸素により酸化される可能性を低下させることが出来ます。

また、ホルモン調節作用も有りますからLDLコレステロールが体内で生成される量を抑制してくれます。他にも血行促進作用が血液の巡りを良くしてドロドロになった血液をサラサラにするように働きかけてくれるためLDLコレステロールを下げるのに効果的だと言われています。