馬プラセンタサプリ比較ネット
体内時計

既に深夜3時だというのに目を爛々とさせてテレビを見たりスマートフォンを触る一方で、お昼間には眠そうにボーっとしてアクビをするなど昼夜逆転の生活をしていると体内時計が乱れて、自律神経がバランスを保てなくなり体の不調の原因となります。

そもそも昔から言われていることですが私達人類は500万年以上も前から、日が昇ってきたら起きて活発に活動して、日没を迎えれば家に帰りゆっくりして寝床につくというライフスタイルを送って来ました。
生体時計

昔の人類と今の人類は違うと感じるかもしれませんが、この体内時計の流れは長年の間に遺伝子レベルで刷り込まれています。(生体時計とも言われますね。)

自律神経の働きもその生体時計に合わすように動きます。

つまり、日中頭を使ったり体を動かすときには“興奮・活動”の交感神経がメインで働いていますし、夕方・夜以降は休息を取るために“沈静・急速”を表す副交感神経がメインに働きます。

しかし、現代の若者は小さな時からゲームや深夜テレビに慣れていますし、今はPCを付けなくてもベッドで寝転びながらスマートフォンやタブレットでインターネットを見れてしまうのでどうしても夜更かしをしてしまう傾向に有ります。

自然

すると夜遅くまで起きているのが恒常化してしまい、本来持っている自然のリズムを守ることが出来なくなってしまいます。その結果、交感神経・副交感神経(つまり自律神経)が本来の働きを出来ずに、やがて自律神経はバランスを崩して自律神経失調超になり種々の不快症状で苦しむことになります。

このような体内時計の乱れから種々の不快症状に悩んでいると感じている方は早寝早起きを心がけて体のリズムを本来のリズムに戻すことが必要です。

更に当サイトでも紹介しているプラセンタには自律神経調整作用の働きが有りますので、リズムを取り戻しやすくなります。(実際プラセンタを飲んでいると朝の目覚めが良くなり、夜も以前にもまして早めに眠たくなります。)

他にもプラセンタには疲労回復作用が有りますので、昼夜逆転の生活で溜まった疲れを取るのにも役立ちます。

ゴールデンタイムに寝る習慣を!

体内時計そもそも女性にしろ男性にしろ夜更かしは大敵です。特に女性の場合なら知っていると思いますが午後10時~午前2時はゴールデンタイムと呼ばれており、この時間体に一番細胞は活性化し増殖・再生などを繰り返します。

もし、この時間帯に眠ることが出来ていない期間が長く続けばお肌のターンオーバーを促すための細胞増殖が適切に行われないため、シミやシワ・たるみなどに繋がってしまいます。

男性の場合であれば薄毛・抜け毛を気にしている人がいるでしょう。髪の毛も午後10時~午前2時が一番生えやすい時間帯です。ゴールデンタイムに寝ていないとハゲになりやすいと考えてもらって構いません。

しっかりと早寝早起きの生活習慣を送ることは全ての面において良い影響をもたらすことはしっかりと理解しておきましょう。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み