馬プラセンタサプリ比較ネット
治療

更年期障害の治療には、厚労省から更年期障害の治療薬として認可されている【メルスモン】という注射薬が使われます。もちろん、内服薬も存在しています。

更年期障害は卵巣機能が減退し、女性ホルモンが減少することによってホルモンバランスが崩れ、その結果として自律神経に変調をきたし、様々な不快な症状を引き起こすものです。

プラセンタは動物実験などから「内分泌(ホルモン)調節作用」「自律神経調整作用」が有ることが分かっています。また他にも「基礎代謝向上作用」「造血作用」「免疫賦活作用」など体を強くする様々な薬理作用があります。

これらの作用が複合的に働いて更年期障害の治療・改善に一役買っていると言われており、更年期障害の治療にプラセンタが使われている理由です。(参考:プラセンタの薬理作用一覧

更年期障害の症状が重い人・軽い人

更年期障害の症状はここまでの記事で分かって頂けたかと思いますが、全ての女性が同じように苦しむわけでありません。

更年期に入っても全く辛さを感じない人もいれば、少しだけ生活に支障をきたす人もいますし、更年期障害のせいで生きることが辛くなる人もいます。この症状の重さは個人でかなり異なっており、千差万別です。

では、なぜこのような更年期障害の症状の軽重が生じるのでしょうか?その答えとしては「体質」「健康状態」「環境」「性格」が影響すると言われており、とりわけ「環境」と「性格」は非常に大きなウェイトを占めています。

環境面での影響

更年期障害とは?~更年期障害の症状一覧~」の所でも述べているように更年期とは概ね平均すると45歳~55歳に該当する女性が多いです。45歳~55歳と言えば女性にとって人生の大きな節目と言って良い時期ではないでしょうか。

丁度45歳~55歳と言えば、下記のような事が連続して発生する時期だと考えられます。

  • 両親が介護を必要とする年齢になる
  • 夫が定年を迎えて生活リズムが変わる
  • 子供が成人・就職・結婚独立する
また、これら以外にも働いている女性であれば、キャリア的にもかなりのものになっており今までよりも大きな責任を背負わされる年代でもあります。

そして、これらの環境の変化は知らず知らずのうちに女性のストレスとなっていきます。

このストレスが強ければ強いほど、視床下部への刺激が強くなり更年期障害の症状がひどくなるのです。(視床下部との関連性はわからない方は更年期障害が発生する原因もご覧になってみて下さい)

性格面での影響

性格面も更年期障害の症状に大きな影響を与えます。具体的には下記のような性格の場合も過度にストレスを感じてしまい、重い更年期障害に悩まされる可能性が高いと言えます。

  • 完璧主義の人
  • 責任感の強い人
  • 内向的で自分を出せない人
  • 神経質な人

軽い更年期障害で済む人の特徴

これまで重い更年期障害に悩まされる可能性が高い人を述べて来ましたが、逆に更年期障害が軽い!または全然気づかなかった!と感じるような人はどんな人なのでしょうか?

ズバリ言ってしまうと以下の様な特徴を持っている方は上手く更年期障害と付き合える方ということになります。

  • いつもおおらかな人
  • 明るく爽やかな人
  • 積極的な人
  • 物事を前向き・楽観的に捉える人
これらの特徴を持っている方はストレスと上手く付き合っていくことが出来るため、更年期障害に支障をきたす原因である視床下部に過度な刺激を与えることを防ぐことが出来るため軽い更年期障害で済む傾向があります。

ですから更年期障害で苦しまなようにするため出来るだけ明るく物事を考え過ぎないように生活する必要があります。

とはいっても、更年期障害は様々な要因が複雑にからみ合って発生するものですが、治療する場合には各方面から適切に治療をしていくことが必要でしょう。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み