馬プラセンタサプリ比較ネット
若年性更年期障害

若年性(プレ)更年期障害とは「更年期障害とは?~更年期障害の症状一覧~」で記載しているような症状が若い内に出てくることを言います。更年期障害の原因は閉経による女性ホルモン(エストロゲン)の減少が引き起こすものですが、最近は閉経もまだずっと先の20代・30代の女性がこの更年期障害に似たような症状に悩まされているようです。

そのため、若年性更年期障害とかプレ更年期障害・プチ更年期障害と呼ばれるわけです。

その症状の例を挙げれば、「便秘・肩凝り・めまい・生理不順・生理痛・頭痛・不眠・貧血」など生命に関わるものではないが、何だか調子が良くないという、いわゆる不定愁訴の症状ですね。これらの症状に悩んでいる女性が最近急増中のようです。

先程も述べたように、「若年性更年期障害」や「プレ更年期障害」は症状が「更年期障害」と似ているだけで、閉経の前後45歳~55歳の方が女性ホルモン(エストロゲン)が減少することにより引き起こされる更年期障害とは全くの別物です。

では、若年性更年期障害が発生する要因には何が挙げられるのでしょうか?

若年性(プレ)更年期障害の要因

まだまだ医学的にハッキリとした事は分かっていませんが、以下のようなものが若年性更年期障害の要因として挙げられます。

  • ストレス
  • 過度なダイエットによる栄養の偏り
  • 体内時計の乱れ
上記、若年性更年期障害の要因として挙げられるものについてその原因や仕組みを詳しく解説していますので自分で当てはまっているなと思う要因があれば下記ページをご覧になってみて下さい。

ストレスと若年性更年期障害の関係
ダイエットと若年性更年期障害の関係
体内時計の乱れと若年性更年期障害の関係

若年性(プレ)更年期障害の改善にもプラセンタは効果的

若年性(プレ)更年期障害は根本的な発生原因は違いますが、症状の改善・予防にプラセンタが効果的であることは間違い有りません。

当サイトでも度々紹介しております、プラセンタの権威吉田健太郎先生もご自身の著書の中で「最近は美容目的でプラセンタを受けに来る人が多いが、その過程で生理不順が治ったとか生理痛が軽くなったなどプレ更年期障害を和らげる効果があることを実感している」と記載しています。

プラセンタエピソード

ラエンネック(肝障害の治療薬として厚労省から認可されています)を開発した稗田憲太郎博士のご子息が㈱ラエンネック(現・株式会社日本生物製剤)の社長をしていたころ事務をしていた独身女性の母親から社長に電話がかかって来たそうです。

その電話の内容は下記のようなものだったそうです。

「生理痛が辛いといつも言っていた娘が、最近全く騒がなくなった。妊娠したのではないか?と母親として心配でしょうがいないです。何か心当たりは有りませんか?」

そして、娘さんが生理痛を訴えなかった理由はプラセンタ製剤の社員としてプラセンタ注射を受ける過程で生理痛が気にならなくなってしまったからなんだそうですよ。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み