馬プラセンタサプリ比較ネット
ホットフラッシュ

更年期障害になると様々な症状が現れます。例えば、身体症状として動悸息切れ・腰痛・関節痛など、精神症状として鬱・イライラ・倦怠感などです。そして、その中でも多くの人に現れる症状が

【ホットフラッシュ(のぼせ)、ほてり、多汗】といった症状になります。

これらの原因は「更年期障害が発生する理由・原因」でも書いているように女性ホルモンであるエストロゲンの減少による、視床下部への強い刺激⇒自律神経の乱れが原因です。

プラセンタには女性ホルモンを調整する「内分泌調整作用」や自律神経の乱れを正常に戻す「自律神経調整作用」が有ることから、これらの症状の対策にも有効であると言われています。

ホットフラッシュ(のぼせ)、ほてりの原因

「のぼせる」とはお風呂に長時間入った後に、フラッとする事を言ったりしますが、これと同じようなことが日常的に起こるのですから更年期障害は恐いものです。英語では「ホットフラッシュ」と呼ばれています。

このホットフラッシュの症状も千差万別ですが、名前の通り、急に体がカーっと熱くなってほてった後に、スーッと冷めたりする症状の事を言います。顔だけが熱くなる人もいれば、上半身全体が熱くなったりする人もおり、程度は千差万別です。

ホットフラッシュ

私たちの体は、暑いとか寒いと感じると自律神経が動き出して、その人が過ごしやすいように体内で自律神経の調整作用が働き出します。

具体的には、暑い場合には交感神経が働いて血管を収縮させることにより体温を低下させますし、寒いと感じた時には副交感神経が働いて血管を拡張させて血の巡りを良くして体温を上げるように働きかけます。

交感神経と副交感神経は相互に保管しあって動くものですが、更年期になり自律神経が乱れると、この補完関係が崩れて自律神経の調整作用が上手く働かなくなり、ホットフラッシュやほてりの症状が発生してしまいます。

プラセンタには、自律神経を調整する作用も有りますし、自律神経が乱れる元である女性ホルモンを調節する作用も有りますから、ホットフラッシュやほてり対策に有効と言われています。

更年期障害によるホットフラッシュが発生した場合には、あまりストレスがかからないような生活を送ることが大事です。家族や知人等にも理解を得て、なるべくストレスフリーな生活をしましょう。

なお、更年期の多汗症状もホットフラッシュと同様にエストロゲンの低下による自律神経の乱れが原因とされていますので、同じようにプラセンタが有効であると考えられています。

【参考】高血圧の人も要注意

ホットフラッシュ(のぼせ)は更年期障害特有の症状では有りますが、それ以外でも高血圧などの病気を持っている人も発生する症状です。更年期障害だと決め付けること無く、ホットフラッシュの症状が続くようであれば病院での診察を受けることをオススメします。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み