馬プラセンタサプリ比較ネット
脂肪肝

このページでは肝臓障害の種類と遷移について簡単に説明していきます。

【脂肪肝について】

肝臓肝障害の最もポピュラーな病気と言われるのが【脂肪肝】です。

理由は色々と有りますが、お酒の飲み過ぎであったり、肥満、食生活の乱れなどが原因で肝細胞に脂肪が蓄積されてしまい、正常な肝臓な働きが阻害されている状態を言います。一説には現代人の半数近くは脂肪肝の症状が見られるとも言われています。

脂肪肝が見られると肝炎など更に重い症状に繋がる可能性が高く健康診断などで認められた場合にはこの時点で生活習慣を改善することが重い病気にならないために必須と言えます。

アルコール性肝炎

名前の通り、アルコールを摂取し過ぎたことにより肝細胞が炎症を起こしている状態です。

ウィルス性肝炎

btoc肝炎ウィルスに感染したことにより発生する肝炎です。有名なものにはB型肝炎、C型肝炎が挙げられますが、A・B・C・D・E・Gの6種類の肝炎が現在確認されています。

特に日本で有名なB型肝炎・C型肝炎は共に血液感染をします。C型肝炎はそこまで感染力は強く有りませんが、B型肝炎は血液感染の他にも唾液や体液などによる感染例も報告されており非常に感染力が強い肝炎です。

肝硬変

肝硬変は肝臓が萎縮して硬くなってしまい、血液が十分に行き渡らずに肝機能の低下が著しくなってしまった状態のことを言います。「肝臓とその働きについて解説」でも書いているように肝臓は体内の10%以上の血液を貯蔵する大事な臓器ですから、こうなると一大事です。

ウィルス性肝炎であるB型肝炎やC型肝炎の症状がひどくなり末期状態になると肝細胞がどんどんと破壊されていき、固い繊維芽細胞に置き換わります。この繊維芽細胞がどんどんと増えて全体が硬くなってしまったものが肝硬変で、特にC型肝炎から肝硬変になるパターンが多いです。

肝臓がん

肝臓がんは幹細胞がガンに侵されてしまっている状態を言います。通常は肝炎⇒肝硬変⇒肝臓がんの順番で症状が酷くなり、肝臓がんへの遷移割合としては

・C型肝炎・・・60%
・B型肝炎・・・25%
・B・C型混合型・・・5%
・アルコール性肝炎・・・10%

となります。肝臓は再生力に優れた臓器では有りますが、肝臓がんになってしまっては手遅れというケースも考えられますから、肝炎の段階で完治させること及び脂肪肝に気付いた時点で生活習慣を改める必要性があることを忘れてはいけません。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み