馬プラセンタサプリ比較ネット
ヒトプラセンタ

母と子供

この人の子供を産みたい!でもなかなか妊娠しない・・・と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?この記事では不妊症の主な原因について簡単に紹介したいと思います。不妊症治療にプラセンタが使われる事例も増えていますので下記記事も参考にして頂ければと思います。

参考記事:プラセンタによる不妊治療の効果は!?妊活でも使われる事例が増えています。

不妊症の定義

まず不妊症とはどういう状態の事か知っておきましょう。

不妊症とは「2年以上にわたり夫婦が定期的に避妊を行わずに性生活を営んでいるにも関わらず子宝に恵まれない事」を言います。

統計では避妊を行わずに性生活を営んでいる夫婦が1年以内に子供を授かる確率は80%、2年というスパンで見ると90%に達すると言われています。ですので上記不妊症の定義と照らし合わせると結婚したカップルの約10%は妊娠できずに困っている事になります。

そして、実は男女双方に不妊症の疑いのないカップルが性行為を行っても妊娠する確率はたったの2割しかなく、そう簡単に妊娠できるものではないという事も知っておく必要があります。

女性側の不妊症の原因

このサイトの読者の方は女性が多いと思うのでまずは女性不妊の方から見て行きたいと思います。

卵管障害

不妊症の約3割を占めると言われている障害で近年増加しています。子宮の左右に存在している卵管が「感染症」や「子宮内膜症」により詰まったり・癒着することにより受精卵が通れなくなってしまい不妊の原因となります。

感染症では特にクラミジアによる影響が大きく、女性側に自覚症状が無いことも多く気付くのが遅くなる傾向に有ります。

なお、子宮内膜症とプラセンタに関しては下記記事を参考にしてください。

参考記事:プラセンタは子宮筋腫・子宮内膜症の予防・改善にも有効。

排卵障害

排卵障害とは何らかの原因により卵巣より卵子が排出されなくなる事や生理不順・無月経などが該当します。排卵障害を原因とする不妊の割合は25%程度とも言われています。

原因の多くはホルモンバランスの乱れです。ストレスや不規則な生活習慣などで排卵障害が起こります。

子宮異常

受精卵は卵管を通って子宮内膜へ根付きます。この事を着床と呼ぶのですが何らかの原因により子宮に異常がある場合受精卵が上手く着床できずに不妊症の原因となります。原因の代表的なものとして子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、癒着などが挙げられます。

その他にも子宮頚管の通過障害や骨盤障害など色々なものが女性不妊の原因となります。

男性側の不妊の原因

昔は不妊症の原因といえば女性側に有ると思われていましたが、現代では男性不妊の解明が行われて概ね女性不妊・男性不妊の割合は半々位だそうです。なので男性側にも問題がないか?夫婦で力を合わせてチェックして行く必要があります。

男性不妊の原因として箇条書きにすると主として以下の様なものが有ります。

  • 性交障害
  • 男性側の問題でそもそも性生活そのものが営めない場合など。

  • 精管通過障害
  • 何らかの原因により精子の通り道がふさがってしまっている場合

  • 精子異常
  • 男性不妊の原因の約8割を占めると言われています。原因は様々ありホルモン異常やストレス等もその内の一つ。

その他にも夫婦の適合性に問題がある場合や、原因を究明出来ない「機能性不妊」などの場合もあります。

なかなか子供が出来ないと精神的にまいってしまいますが、継続的な不妊治療の結果子供を授かった夫婦も沢山います。諦めずに出来る事からやっていきましょう。

その中でもプラセンタは男性・女性共に精神安定作用やホルモン調節作用などがあり体の調子を取り戻すのには最適ですよ。

プラセンタサプリ人気ランキング

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み