馬プラセンタサプリ比較ネット
インターフェロン

現代医学においてC型肝炎ウィルスを治療できるのはインターフェロンしかないと言われており、このインターフェロンをC型肝炎患者に投与すると約20%~30%の割合で薬効が認められC型肝炎ウィルスを消すことが出来ると言われています。

インターフェロン

ただ、インターフェロンは万能薬では有りません。

上述したように効果が有るのは全体の患者数の内の20%~30%だけであり、残りの7割~8割の人には効果が有りません。また、薬効が認められた人でもインターフェロンの副作用として「発熱」「悪寒」「頭痛」「筋肉痛」「嘔吐」「食欲低下」「全身倦怠感」などを感じる人が多いです。

また中には特に副作用が酷く「うつ病」「肺炎」「精神分裂症」など恐ろしい病気を発生してしまう患者さんがいることも有名です。ちなみにインターフェロンの投与には高額な医療費がかかります。

C型肝炎=インターフェロンという図式が今の日本では成立していますが、上記のような副作用・デメリットがあることも理解しておいた方が良いでしょう。また肝炎になったからといってすぐに肝硬変や肝臓がんになるわけでは有りません。

人によっても変わってきますが、大体肝炎の発症が認められたから10年~30年で肝硬変に移行すると言われています。(B型肝炎であろうが、C型肝炎であろうが・・・です。)

薬

そして、なぜ症状が進行してしまうかというと「肝障害の種類と遷移【脂肪肝⇒肝炎⇒肝硬変⇒肝臓がん」の肝炎の説明のところにも有るように、「炎症」が原因になってきます。ですから、炎症が起こらないように注意していけば肝炎ウィルスが完全に消滅しないことは有るにせよ症状の進行スピードを限りなく遅くすることは可能です。

ウィルスに感染しまった・・・・と弱気になり、ストレスを貯めこんでしまうとそれがまた炎症をひどくさせる要因にもなりますから、上記のように肝硬変になるまでには時間がかかるし進行スピードは遅らす事が出来るんだ!という寛容な気持ちを持って肝炎ウィルスと戦っていくことが大事です

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み