馬プラセンタサプリ比較ネット
アトピー

ここではアトピー性皮膚炎になってしまうメカニズムを少し専門的ですが簡単に紹介しておきたいと思います。アトピー性皮膚炎の発症は抗原抗体反応によるものであることは既にご存知の通りだと思います。

アトピー

具体的にはアトピー体質の人は抗原が入ってくるとIgEと呼ばれる抗体物質を普通の人と比べて大量に作ります。この「IgE」は作られると粘膜や真皮(表皮の下の事・・・お肌の内側と思って下さい)の中にある肥満細胞にくっつき、その細胞膜上で抗原と戦います。

肥満細胞とは細胞を構成する【核】と【細胞膜】を比較して書くに対して細胞膜が通常の細胞と比べて大きいために名付けられたものであり、「太る・痩せる」をコントロールしたりする細胞のことでは有りません。

するとどうなるでしょうか??肥満細胞上で抗原抗体反応が起こると、どうしても肥満細胞は刺激を受けて「ヒスタミン」と呼ばれる炎症物質を放出してしまいます。このヒスタミンは少量であればアトピー性皮膚炎を引き起こすほどの問題にはなりませんが、大量に発生すると問題です。

元々アトピー体質の人は抗体である「IgE」を人より多めに作るため、当然肥満細胞から放出されるヒスタミンも多くなります。すると、これが体内で悪影響を及ぼしてアレルギー(アトピー性皮膚炎)を誘発してしまうわけですね。

アトピー2また、アレルギーが発症する理由は「肥満細胞から放出されるヒスタミン」だけでは有りません。抗体である「IgE」は表皮に存在している「ランゲルハウス細胞」にも付着し、ここでも抗原と戦うことになります。この結果として表皮上で刺激が起きて「皮膚かぶれ(接触性皮膚炎)が起こるといわれています。

どちらかと言えば、アトピー体質の人はお肌が乾燥している事が多いですからどうしても抗原がお肌に侵入しやすい状況にあります。そのため、どんどんどんどん症状が悪化してしまう可能性もあるわけですね。

さらに、最近の研究ではこの炎症物質のヒスタミンは肌の汚れや汗、汚い空気など外的要因による刺激によ色々なっても放出されることが分かっており、アトピー体質の人は色々な点を気をつけなければなりません。

お肌が乾燥しているということは言い換えればお肌の表面の皮脂膜が薄く、異物が侵入しやすい状況になっていることも理解しておかなければなりません。

このようにアトピー性皮膚炎は色々な要因により発症してしまうものなのです。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み