馬プラセンタサプリ比較ネット
原因

若年性更年期障害の一つである胃潰瘍についてその原因を見ていくことにします。

胃潰瘍の原因

原因胃潰瘍の原因の一つして挙げられるのがまたまた【ストレス】になります。余談ですが、胃潰瘍の【潰瘍】とは粘膜などの成分が損なわれている状態と考えて下さい。

胃潰瘍には急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍が有り、どちらもストレスからくるものですが症状が異なります。イメージで言えば急性胃潰瘍は粘膜がタダレている状態で軽度、慢性胃潰瘍は中から胃がえぐられている状態で重度と考えれば良いでしょう。

急性胃潰瘍の原因

ストレスを感じると交感神経が興奮して血管が収縮することはもうご存知ですよね。急性胃潰瘍の場合は胃の粘膜の下の血管が収縮することによって引き起こされます。それによって 「①胃の栄養状態が悪くなる。⇒②胃液の分泌が乱れる。⇒③空腹時には胃そのものの一部が消化される。。。。」 これが急性胃潰瘍の原因になります。胃の一部が消化されるということで非常に恐ろしいですね。

慢性胃潰瘍の原因

慢性胃潰瘍は急性胃潰瘍よりも重度の胃潰瘍です。ストレスを継続的に感じていると交感神経の興奮状態が継続し胃の粘膜下の筋肉の下の血管が収縮します。(急性胃潰瘍の場合よりも更に奥の血管が収縮するイメージですね。)

血管が収縮すると血液がそこまで運ばれにくくなるので局所的に死滅状態になります。そして追い打ちをかけるように胃酸がその部位に働くためエグられたような状態になり痛みを生じさせます。


話は変わりますが、現在日本で医薬品として認められているプラセンタ注射は対更年期障害の「メルスモン」対肝機能障害の「ラエンネック」の二つのみです。しかし、以前は対胃潰瘍のプラセンタ注射として医薬品として保険適用で受けられるプラセンタ注射も有りました。それが「PLP」「ザウエルプラセンタ」と言うプラセンタ注射薬です。メーカーにおける採算の都合上現在は販売されてはいませんが、そもそも原料は同じですし、製造工程もほぼ同様です。ですから胃潰瘍対策として「メルスモン」「ラエンネック」を受けるのも一つの手段です。

胸焼けの原因

続いて胸焼けの原因です。

人間誰しも食事を取りますね。食べ物を口に入れるとそれは食道を通り胃へ移動し消化が開始されます。この時「ガストリン」と呼ばれるホルモンから塩酸が放出され消化が開始されます。またこのガストリンは食べ物が逆流しないように食道と胃の間を封鎖する働きも有ります。

しかし、ガストリンが封鎖の働きをしてくれない場合に食べ物が胃から食道へ逆流するため胸焼けを感じてしまうそうです。更に吐き気はストレスなどによって胃が動かなくなった時に生じます。胃が動いてない状態では消化されませんから食べ物はどんどん溜まっていき、それが神経の反射行動で吐き気に変わります。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み