馬プラセンタサプリ比較ネット

紫外線

この記事では最低限知っておきたい紫外線の対策方法と知っておくと紫外線対策に役立つ豆知識を紹介していきます。紫外線の対策方法に関しては一般的に知られているので読まなくても大丈夫かもしれませんが(^_^;)

紫外線の対策方法のまとめ

紫外線の対策方法のまとめとして紫外線対策グッズの紹介や紫外線食べ物などを紹介してきます。まずはグッズの方から紹介してきます。

日焼け止め

日焼け止め

もうこれは絶対ですね!特に夏は紫外線が強くなりますから日焼け止めなしで夏を乗り越えようなんて考えは禁物。肌の老化を早めて数年後に後悔することになります。

PAとSPFに関しての情報は下記記事なども参考にしてください。

参考記事:PAとSPFについて~紫外線対策前に知っておきたい常識~
参考記事:SPF50に意味は無い!?知っておきたい紫外線対策基礎知識

こまめ~~~に塗り直すことが大事ですよ!また紫外線は晴れの日だけでなく曇りの日だって降り注いでいます。今日は曇だから日焼け止めはやめておこう!なんて事が無いようにしてください。

日傘か帽子

帽子

こちらも日焼け止め同様欠かせないものです。いくら日焼け止めを入念に塗っていたとしても汗で落ちたりする可能性も有りますしこまめに塗り直せ無い可能性も有りますからね。

紫外線はお肌にダメージを与えることはもちろん髪の毛にも悪影響を及ぼしますのでそういう意味でも必須です。色はやはり白よりは黒のほうが紫外線遮断効果が有りますので黒色でUV加工がされた日傘を選ぶと良いでしょう。直射日光も避けられます。

帽子は紫外線を遮断する範囲は日傘に比べると狭くなりますが両手を自由に使えるというメリットがありますのでその日の行動によって日傘と帽子とを使い分けましょう。

アームカバー・長袖シャツ

アームカバー

夏にアームカバーを付けたり長袖シャツを来るのは辛いです。辛いですが腕や手だってシワやシミが出来ると年齢を感じさせてしまうもの。出来ればカバーしておきたいですね。

長袖シャツで紫外線対策をする場合は素材はポリエステル素材か綿素材のものを選んでください。これら二つが紫外線を通さない生地の代表的な物です。近年は安くで紫外線対策を意識したい素材の衣類が販売されていますのでそれらをうまく活用していきましょう。

サングラス

サングラス
日焼けという観点からは少し違いますが、紫外線を目に吸収してしまうと白内障を引き起こす可能性がありますのでこちらも出来れば対策しておきましょう。もちろんUV加工されているものを選んでくださいね。どちらかと言うと薄い色のモノのほうが紫外線をカットしてくれます。

紫外線対策に効果的な栄養成分

以下とっておきたい成分を箇条書き+ポイント書きで紹介していきます。

  • ビタミンC
  • ビタミンCは抗酸化作用が非常に高くコラーゲンの生成促進効果も有りますのでこれは日頃から摂取しておきましょう。内側からのケアだけでなくビタミンC誘導体配合の化粧品などで外側からケアするのもオススメ

  • ビタミンE
  • こちらも抗酸化作用が非常に強いです。

  • 亜鉛
  • 亜鉛が不足すると紫外線に対する皮膚の抵抗力が弱まります。つまり亜鉛は活性酸素を消去してくれる働きを持っています。またSOD酵素の材料になったり、コラーゲンの生成に寄与します。

  • セレン
  • こちらも活性酸素除去作用が有ります。これを機会にセレン茶を飲んでみるのも良いかも?

他にも今流行の水素水やワインに含まれるポリフェノールなど抗酸化作用が強いものを積極的に摂取しておくと紫外線が強い夏も乗り切れるでしょう。もちろん当サイトで紹介している馬プラセンタは紫外線予防にも出来てしまったシミなどの除去にも有効ですよ~

以上のような紫外線対策は必ずやっておきましょう。引き続き紫外線対策に役立つ豆知識を紹介していきます。

紫外線対策に役立つ豆知識

ここからは以外に知らない豆知識を紹介します。

頭に入れておけば意外に紫外線対策になるかも!?

紫外線が強い時間帯・弱い時間帯

紫外線量時間.min

上記画像からも分かるように1日のうちで最も紫外線が強い時間帯は正午を頂点とした朝10時~昼14時までの時間帯です。とは言え紫外線A波の量は朝8時でも十分多い事が分かっていますので外出する際は日傘は必須です。

またアスファルトは紫外線を反射させるため日傘だけでは紫外線をカット出来ません。日焼け止めや長袖シャツなどを活用して紫外線を防ぎましょう。

天候による紫外線量の差異

快晴の日の紫外線量を100とすると曇りや雨の日の紫外線量は下記のような感じになります。

・晴れ・・・90%程度
・やや曇り・・・70%程度
・曇り・・・50%程度
・雨・・・30%程度

雨の日だと30%程度と少なくなりますが夏の12時などはその他の時間と比べてそもそもの紫外線量が多いのですから油断は禁物です。

季節による紫外線の強さと量の違い

年間通した紫外線の量.min

このように紫外線の量的には5月が最も多いのですが強さで言うと6月が最も強いという結果が出ています。何にせよ春先~秋前にかけては入念なUV対策が必要となります。

また冬は紫外線量は少なくなりますが、夏のダメージがお肌に蓄積して肌トラブルが起こりやすくなっていますので冬でもUVケアは行いましょう。

反射してきた紫外線量は上からの紫外線量の何割?

日傘だけでは紫外線を防げない要因がこの反射です。紫外線が反射することを知らずに日焼け止めクリームを塗っていないと思わぬ日焼けを引き起こしてしまいます。

新雪・・・約80%
砂浜・水面・・・20%程度
アスファルト以外の芝など・・・10%以下

新雪や約80%とほとんどの紫外線が反射してきます。スノーボードなどで標高の高い山に登っているときは冬でも平地と比べれば紫外線量は多く、反射する紫外線量も多いため注意が必要です。

外出別SPFとPAの使い分け基準

どのような目的で外出するかによってこれくらいの強度の日焼け止めを使い分けると良いと思います。

■SPFの場合■

日常生活・・・SPF10~20
レジャーやスポーツ・・・SPF20~30
海・炎天下のBBQなど・・SPF30以上

■PAの場合■
PA+・・・・・・日常生活
PA++・・・・・屋外での軽い運動など
PA+++・・・・炎天下の中でのBBQやレジャー
PA++++・・・更に紫外線が強い場所・時間帯や紫外線に弱い人向け

基準は有りますが、やはりこまめに塗り直すことには敵わないことを肝に命じておきましょう。

以上紫外線対策に役立つ豆知識でした。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み