馬プラセンタサプリ比較ネット

花粉

こんにちは、管理人でございます。私は、ヒドイ花粉症では無いので、マスクを付けることはほとんど無いですが、日中マスクを付けておられる人もチラホラ見るようになりましたね^^

ちなみにニュースで見たのですが、マスクで顔が隠れるのを利用してすっぴん隠しされている女性の方も多いようですよ(*´∀`*) 時間が無い時は皆さんも是非♪私もやってみまし♪

というわけで今回のテーマは【春の肌荒れ】対策でございます。冬場は乾燥だけケアしていればOKという方も春の風に乗ってくる黄砂やPM2.5、そして花粉などで何かお肌がいつもと違う・・・とお悩みの方も多いのではないしょうか。

今日は、そんな人の為にどんな対策やケアをしていけば良いのかご紹介します。

春になると陥りやすい症状

先ほど「冬場は乾燥だけをケアしていればOKという人も居る」と書きましたが、実はこの冬場の乾燥ダメージは徐々に蓄積されて春に顕在化するとも言われています。

そして気温も冬場の寒い温度から徐々にポカポカ陽気になりますよね。過ごしやすくなって良いな~という反面、気温が上がることによりお肌の皮脂量は増えていきます。乾燥肌なのにお肌がベタベタする方は季節性が原因かも知れません。

さらに言えば上記の気温の変化に加えて、春(4月)は新生活が始まる季節なので異動になったり社会人としての一歩をスタートする時であったりして結構知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまい、血流や神経の働きが不安定になっている時期でもあります。

ストレスはあらゆる万病の元になりうる厄介な存在ですので、出来る限りストレス解消法を実践するようにしましょう。ストレス解消法は人それぞれなので自分に合った方法を早めに見つけて下さいね♪

上記のような原因によりお肌を外敵から守ってくれるバリア機能が弱ってしまう季節が【春】です。バリア機能が弱っているところに花粉や黄砂が俟っていたらどうなるでしょうか?

花粉や黄砂

花粉や黄砂がお肌に付着すると肌は外敵と認識して花粉や黄砂に過剰反応を示すようになります。この結果炎症を引き起こしたり、痒み・ブツブツなどの肌荒れを引き起こすことになるわけですね。

ではこの春特有の問題を解消するためにどうすればいいのか?というとやはり【洗顔】になります。花粉や黄砂に負けない洗顔については明日紹介しますね♪

⇒「綺麗な素肌を保つために洗顔は必要or不要?

参考記事:花粉症対策とプラセンタ

【花粉や黄砂対策のワンポイントアドバイス】

油分が多い化粧品を使っているとお肌に花粉や黄砂がひっつきやすいです。

ただその一方でお肌に膜を作り直接の影響を防いでくれる働きが有ります。なので、油分で膜を作りその上からサラサラのパウダーファンデなどを利用することで花粉や黄砂をひっつきにくくすれば花粉等の影響を最小限に抑えることが出来ますよ♪

ただ、油分が多いと問題有り!!という人も多いと思うのでじっくりと自分に合った化粧品を選ぶようにして下さい。

番外編~お肌で分かる花粉症!?

話の本筋とは全然関係有りませんm(__)m

花粉症といえば

  • 鼻水が出てグズグズする
  • くしゃみが止まらない
  • 目が痒くなってしまう
などなどの症状が代表的なものですが、実は上記の症状に対処するために知らず知らずのうちにお肌へ負担をかけてしまっていることが有るんです。

花粉症

例えば目が痒くて目をこすったり周りの皮膚もこすっちゃいますよね。鼻をかんだらティッシュがお肌に当たったり擦れたりして刺激を与えてしまいますよね。

こういうことで肌のバリア機能が弱まって、更に花粉や黄砂に敏感になってしまう場合も有るようです。花粉症対策を入念に行い、家から帰って来たらすぐに洗顔して、着ていた衣服などもベランダなどで叩いてあげて花粉を落としましょう。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み