馬プラセンタサプリ比較ネット
活性酸素

抗酸化作用

SOD酵素の抗酸化作用について説明します。下記ページ内インデックスもご利用下さい。

活性酸素が老化をもたらす

SODの説明をする前に活性酸素について少しだけ説明します。内容的には「活性酸素とは」で書いている内容の方が深いです。

活性酸素は肝細胞を破壊して肝障害を引き起こすことは有名ですが、活性酸素の害はそれだけにとどまりません。実は活性酸素が暴れると私達の遺伝子情報そのものも破壊されると言われています。

活性酸素

血液ドロドロ・サラサラの要因ともなる血管内のコレステロール沈着に関しても活性酸素が原因と言われていますし他にも高血圧、アトピーなどなど多くの病気の引き金に活性酸素がなっているのではないかと言われています。

最近の学説によれば私達の病気の8割・9割程度は活性酸素に拠るものだそうです。

そして、この活性酸素が体内で蓄積されると老化を引き起こすと言われています。特にしみとかシワなんかは影響が顕著です。人によっても異なりますがある年代を超えると一気にしみやシワが目立ってきた人なんかはそれがお分かりになると思います。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)の抗酸化作用

SOD酵素とはスーパーオキシドディスムターゼ(Super Oxid Dismutase)の頭文字を取ったものであり、人間の体内で元々生成される酵素の一種です。SOD酵素は活性酸素を除去出来る数少ない酵素の一つで希少価値が高い酵素です。

但し酵素の生成は加齢とともに減少していくことが分かっていますので、40代・50代と年齢が進むに連れて食事やサプリから摂取していくことが求めらます。

紫外線

紫外線の刺激を受けたお肌には活性酸素が大量に発生し、活性酸素が皮膚を酸化して肌機能の低下を引き起こします。20代・30代の健康的な体内には高い抗酸化作用を持つSOD酵素が活性酸素を攻撃して消去してくれます。

しかし活性酸素が大量に発生した場合や加齢によりSOD酵素が少なくなってしまった状態の時にはSOD酵素の処理能力を完全に上回ってしまうことが有ります。こうなると皮膚の酸化を止める要素が無くなってしまうせいで一気に皮膚の老化が進行してしまいます。

当然酸化はお肌の表皮だけでなく真皮でも進行します。真皮にはお肌の弾力の元になるコラーゲンやエラスチンが存在していますが、それらの細胞も破壊されます。それらの細胞が破壊されると当然真皮内に貯蔵されていた水分も失われますのでお肌の潤いが減少して、カサカサ肌を引き起こす要因になります。

SOD酵素はこのような事にならないように活性酸素を除去するという重要な役割(抗酸化作用)を担っているわけです。

SOD酵素の限界

SOD酵素は体内において生成される酵素の一種であり、少量でも多量の活性酸素を除去してくれる非常に心強い物質です。しかし残念ながらSOD酵素には限界があります。実は

【体内におけるSOD酵素の生成は40歳を境に急激に衰える】

事が分かっています。40歳は目安ですが大体その辺り減っていくと考えてよいでしょう。若い時は紫外線を浴びて日焼けをした時に出来る活性酸素は体内のSOD酵素が打ち消してくれました。だから若い時にはしみやしわは出来にくいんです。

若い人の肌

しかし、SOD酵素の体内での生産能力が衰えてくるとどうしても活性酸素を打ち消す力が弱まりますから体内で活性酸素が自由に悪さを行い始めます。

活性酸素が病気の原因であることは上述したとおりですが、今までバリバリに働いていた人が40歳を超えて急にバッタリ倒れたりすることが多くなるのはこの活性酸素除去能力が急激に衰えたこととリンクしています。

従って体内でのSOD酵素生成能力が衰えてくる前にSOD酵素と同じような働きをしてくれる抗酸化物質を積極的に摂取していかなければなりません。

その他の抗酸化作用を持つ物質としては代表的なものを挙げればビタミンCやビタミンE、βカロチン、尿酸、グルタチオン、アスタキサンチン、ポリフェノールなどが挙げられます。当然「プラセンタ」に含まれる「SAアミノ酸」にも活性酸素除去作用が含まれています。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み