馬プラセンタサプリ比較ネット
スキンケア

洗顔料

今回は肌トラブルと無縁になるための正しい洗顔の手順を8ステップに分けて紹介していこうと思います。肌トラブルに無縁の綺麗な素肌をつくり上げるために重要な事は【お肌にとって不必要な汚れだけを落として、必要な潤いや皮脂はしっかりと残すこと】です。

参考:綺麗な素肌を保つために洗顔は必要or不要?
参考:実はその洗顔料選びはNGかも!?

これを実現するためには洗顔がポイントです。では以下で洗顔の手順を紹介していきます。

STEP1~綺麗な手で顔を洗う~

汚い手のままで洗顔をすると汚れを顔に押し当てているようなものです。

しっかりと洗顔を行う前に手洗いを実践しましょう。

手洗い

STEP2~化粧をしている場合はクレンジング必須~

クレンジングを行ってから洗顔料で汚れを落とすことを俗に【ダブル洗顔】と言います。ダブル洗顔は2回顔を洗うという意味ではない事を理解して下さいね。クレンジング+洗顔料を使った洗顔の事をダブル洗顔と言います。

洗顔料だけでメイク汚れを落とした上で皮膚の汚れも綺麗にすることは困難です。だからこそメイク落としに適したクレンジングでメイクを落としてから、皮膚・毛穴の汚れをスッキリしてくれる洗顔料を使うんですね♪

クレンジングの種類・選び方と正しいクレンジングの手順と時間

STEP3~泡を泡立てて泡洗顔!~

洗顔の基本はです。手のひらが顔の皮膚に付着するとどうしても摩擦が起こったり手のひらの汚れがついてしまいますので、手の平はかすかに触れる程度にして下さい。

では何をもって洗うかといえばしっかりと泡立てた泡です。しっかりと泡立てれば顔をゴシゴシしなくってもこの泡が必要な汚れを綺麗に落としてくれます。

泡立てネット

泡立てが得意ではない方は100円ストアーでも販売されている泡立てネットを使うと泡立てやすいですよ!一度使った泡立てネットはしっかりとお湯で洗い流して干しておきましょう。泡を作るネットがバイ菌だらけだと本末転倒ですからね(^^)

泡は下記の画像くらい作れたら理想ですね♪

洗顔

STEP4~脂の多いTゾーンから洗顔スタート~

洗顔を開始するときは脂が出やすいTゾーンからSTEP3で泡立てた泡で優しく洗っていってあげて下さい。ポイントは泡で皮膚を洗う感覚です。間違ってもゴシゴシしたりしないで下さいね♪

STEP5~全体を洗顔~

Tゾーンを洗ったら次は洗顔です。注意点はこちらもゴシゴシしないこと。また、皮膚の薄い目元・口元はさっと泡を置くくらいの気持ちで十分です。

STEP6~ぬるま湯で泡を落とす~

少し冷たいかな?と感じる程度のぬるま湯(大体33度前後)で泡を落としていきます。パシャパシャッという感じで手ではこすらずにぬるま湯ですすぎ落とすイメージです。

洗顔料

しっかりと泡を落としきれていないとこれも肌トラブルの原因になりますので注意して下さい。

STEP7~清潔なタオルでポンポンと顔を拭く~

顔をゴシゴシタオルで拭くのではなく優しくポンポンと水分を吸収するような感じで行って下さい。

タオル

STEP8~洗顔後の保湿は必須!!~

洗顔終わりのお肌は私達が思っている以上に乾燥しやすいです。ですのでタオルで顔を拭いたらすぐに保湿して潤いをと潤いを与えてあげましょう♪

以上が正しい洗顔の8ステップになります。参考にして下さいね。

朝起きた時などメイクをしていない時はSTEP2を飛ばして下さいね☆

以下では洗顔の時に知っておくと良い豆知識を紹介しておきます。

どれくらい泡立てたらいいの?

先ほど画像にてこれくらい泡立てるといいよ~(*´∀`*)と書きましたが、実は洗顔に使うのに最適な泡の条件も有ります。それが以下の二つです。

  • 弾力が有る泡
  • 見た感じモチモチしていて弾力が有るのはもちろんのこと、手の平を下にしても落ちないような泡が最高です。

  • ボリューミーな泡
  • 洗顔の基本はそっと泡で皮膚の汚れを落とすこと。なのであまりにも泡だっていないとどうしても手の平が皮膚に触れて摩擦などを起こしてしまいます。しっかりと泡だけで洗えるような量を作れたら洗顔に最適な泡です。

洗顔

泡立てる際には上記二つに気をつけて下さいね。

肌質別の洗顔方法

以下では【乾燥肌・敏感肌】及び【脂性肌・混合肌】に分けて簡単にどのような洗顔方法が適しているか紹介します。人によっては自分の肌質を意識せずにスキンケアを行うことで最もケアのしにくい混合肌になってしまうことが往々にして有るので、自分のお肌の肌質は近くのデパート等の美容部員の方に教えてもらうと良いと思います(^^)

乾燥肌・敏感肌の場合の洗顔方法

洗浄力が強すぎる洗顔料を使うのでは無く肌に優しいと言われている洗顔料を使うようにしましょう。無添加の洗顔石鹸なども最近は発売されているので【肌への優しさ】を基準に選ぶようにして下さい。

また、上記肌質の場合は洗顔による皮脂の摂り過ぎは肌トラブルのもとになるので【朝はぬるま湯、夜は洗顔料有りの洗顔】が一般的には良いと言われています。但し洗顔料を使う時は皮膚が薄く乾燥しやすい目元や口元は最後にさっと洗うくらいで丁度良いです。

脂性肌・混合肌の場合の洗顔方法

上記肌質の場合は朝から洗顔料を使用しても問題有りません。特に脂っぽさが気になる部分を優しく洗ってあげましょう。逆にそこまで脂が気にならない場合には水洗いでもOK!

一日過ごした肌には沢山の皮脂が詰まってしまっている可能性が高いです。出来ればレンジで温めた蒸しタオルを顔に30秒~1分程度置いて毛穴が開くのを待ってから洗顔料を使って洗顔するのが良いでしょう。

混合肌の人は自分の顔のどの部分が油っぽくてどの部分が乾燥しやすいのかしっかりと把握してケアしていきましょうね。

上記はあくまでも目安なので、色々と試してみて自分に合った洗顔方法を見つけるようにして下さいね

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み