馬プラセンタサプリ比較ネット
抗酸化作用

抗酸化作用

抗酸化作用とはいわゆる酸化を防ぐ性質のことを言います。なぜ今【抗酸化作用】という単語が注目を浴びているかというと、この抗酸化作用を持っている食べ物やサプリを摂取することで老化を食い止めることが出来るからです。

目尻のシワや口元のシワ(小じわ)はもちろん、深いシワ・シミなども結局は老化によって引き起こされる事が分かってきていますから、それに対処するという意味で【抗酸化作用】という単語が注目を浴びているわけですね。

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは冒頭でも言いましたが酸化を防ぐ性質のことを言います。これを言い換えれば人間の体が錆びてしまうのを防ぐ性質ということも出来ます。人間の体も年とともに錆びていくんですよ。

体が錆びていくとどうなるのか?というと「老化が進行したり、糖尿病は肝機能障害などの生活習慣病を引き起こす」ことになります。

これらの事を防ぐ作用のことを抗酸化作用と言いまして、体内で生成される抗酸化酵素と体外から摂取する抗酸化物質の二つがその役割を担います。

体が錆びつく原因とは?~活性酸素~

体が錆びつく事を酸化と言いますが、そもそもこの酸化の原因が何かというと「活性酸素(フリーラジカル)」という物質です。

フリーラジカル

活性酸素に関しては下記記事を参考にして下さい。

参考記事:活性酸素とは~活性酸素の害と働きについて~

我々が老化や生活習慣病を防ぐためには如何に活性酸素の発生を抑えるかそして如何に活性酸素を除去するのがポイントになってきます。そのために必要になってくるのが「抗酸化酵素」「抗酸化物質」です。

それぞれ以下で詳しく見て行きましょう。

ちなみに活性酸素はストレスや寝不足、不規則な生活習慣、不規則な食生活、排気ガス、環境汚染等によりその発生量が増加すると言われていますので、活性酸素が増えないように努力することも大事です。

体内で生成される抗酸化酵素

抗酸化酵素には増えすぎた活性酸素の働きを消去・無効化する働きが有ります。この抗酸化酵素の代表的なものが「SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)」です。

抗酸化酵素

SOD以外にもカタラーゼやペルオキシターゼといった酵素も有りますが抗酸化力ではSODがナンバーワンです。このSOD生成を活発にするためには【ミネラル】が重要であると言われており、「亜鉛・銅・鉄・マンガン」などのミネラルを積極的に摂取していく必要があります。

ただ、SODの記事でも書いていますが、抗酸化酵素は20代をすぎるに連れて段々とその生成量が減少していき40歳を回ると更にガクッと生成量が落ちいきます。女性のお肌の不調も40歳を超えると顕著になってくるのはこの抗酸化酵素の生成量と関係していると言われています。

ですから40歳以降に若々しく生きていくために抗酸化物質を体外から取り入れてあげる必要があるわけです。

体外から摂取する抗酸化物質

体外から摂取する抗酸化物質の代表的なものとしてはビタミン、ミネラルが主要なものとして挙げられます。他にもフィトケミカル(アントシアニン、アスタキサンチン、カロテン、リコピン、ポリフェノールなどなど)も抗酸化物質の代表株として挙げられます。

ビタミンについて

ビタミンに関してはビタミンのエースとも呼ばられるACEがビタミンの中で最も抗酸化作用が高く、それらを複合的に摂取することで更に抗酸化作用が高まります。

ビタミンAが豊富な食品

  • レバー(特に豚、鶏のレバーに多く含まれています)
  • やつめうなぎ
  • ぎんだら
  • あなご
ビタミンAの効果効能とビタミンAを含む食材&レシピ

ビタミンCが豊富な食品

  • せん茶の茶葉
  • のり
  • ピーマン
  • ゆず
  • アセロラ
  • パセリ
ビタミンCの効果や摂取量の目安、多く含まれる食べ物

ビタミンEが豊富な食品

  • せん茶の茶葉
  • とうがらし
  • アーモンド
  • サフラワー油
  • 抹茶
  • とうもろこし油
ビタミンEの効果は?強力な抗酸化作用が有ることは知っておくべき

ミネラルについて

ミネラルの中でもとっておきたい成分が亜鉛とセレンです。セレンは日常生活では中々取れない成分なので意識して摂取するとよいでしょう。こちらも合わせて摂取したほうが強い抗酸化作用が働きます。

亜鉛が豊富な食品

  • 牡蠣
  • 牡蠣は1日に必要な亜鉛摂取推奨量を2個で摂取可能なのでお勧めです。

  • うなぎ
  • 牛肉(もも肉)
  • チーズ
  • レバー(豚や鶏)
  • 卵黄
  • 大豆

セレンが豊富な食品

  • うに
  • あん肝
  • しらす干し
  • きんめだい
  • のり
そして上記ビタミンやミネラルよりも抗酸化作用が強いと言われているのが当サイトで紹介している「プラセンタ」です。プラセンタサプリの摂取も考えてみてくださいね♪

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み