馬プラセンタサプリ比較ネット
アンチエイジング

鏡を見るたびにガックリしてしまう・・・顔に出来てしまった「しわ」や「シミ」、弾力が失われた肌、緩みきったボディライン。年を重ねる毎に老けていく顔や体に悩む女性は多いはずです。何を隠そう私もその1人です。

お肌の老化を気にする女性

ただ悩んでいるだけでは「老い」に勝つ事は出来ません。家事・育児の合間にエイジングケアをしていきましょう。

アンチエイジング方法をまとめてみたので、利用出来る方法が有れば試してみて下さいね。

アンチエイジング方法

老化には様々な原因が有るので、アンチエイジング対策を1つだけ講じたとしても、なかなか思ったような効果は得られません。そのため、今回紹介するアンチエイジング方法をなるべく複数個同時並行で継続的に行う事が大切です。

では、具体的なアンチエイジング方法について見ていきましょう。

肌の老化防止に紫外線対策

「え!?日焼け対策?」と思った人もいるかもしれませんね。もちろん、紫外線の影響でメラニンが生成されて「シミ」が出来てしまうと、実年齢より老けて見られるので、日焼け予防の為の紫外線対策も重要です。ただ今回は以下の内容の方が大切です。

紫外線が引き起こす肌トラブル色々」の記事でも紹介しているように、紫外線による肌の「光老化」を防ぐ事がアンチエイジングするにはより重要になります。

紫外線

地上に降り注ぐ紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2種類が有り、主にUV-Aが光老化の原因、UV-Bが日焼けの原因と言われています。UV-Aは肌の奥深くまで届き、肌の弾力を作り出すコラーゲンやシミ・しわを防ぐ作用の有るエラスチンを破壊する酵素を増やしてしまいます。本当にやっかいな存在です。

紫外線を浴び続けると、日焼けによるシミの原因にもなりますが、光老化によるエイジングを促進させてしまう原因にもなるんですね。そのため、紫外線対策はアンチエイジングには欠かせません。

紫外線対策には、主に以下のような方法が考えられます。夏だけでなく、1年を通して紫外線には気を配っていきましょうね。

  • こまめに日焼け止めを塗る
  • 日傘や帽子、アームカバーで日光を浴びないようにする
紫外線の対策方法のまとめと紫外線対策に役立つ豆知識

【食事①】「糖化」を防ぐ

「AGE」という老化の原因物質はご存知でしょうか?AGEは「Advanced Glycation End products」の略称で、日本語にすると「終末糖化産物」となります。いかにも体に悪そうですよね。

このAGEはたんぱく質と糖が加熱されて結びつき発生します(食事に含まれる事も有ります)。毒性が強く、肌のしわ・たるみの原因となるばかりか、骨が脆くなったり、内臓にダメージを与えます。体の内外の老化を進行させる原因と考えられています。

AGEが多く含まれるステーキ

AGEの発生を防ぐには、食事で「たんぱく質」と「糖」の摂取量を抑える事が重要です。また「加熱」というのもポイントになりますね。以下の点に注意して、食生活を工夫してみて下さい。

  • から揚げやステーキ、パンなどのAGEが多く含まれている食品を減らす
  • 調理方法は「焼き」よりも「生」「茹で」を優先する
  • 食事の際は野菜から先に食べ始める 等

3番目の「野菜から食べ始める」という習慣が身に付けば、血糖値を抑える事が出来ますし、何より栄養バランスの良い食生活になるので非常に健康的です。

【食事②】「活性酸素」を防ぐ

活性酸素は呼吸によって体内に取り入れた酸素の一部が変化した物で、体内の至る所で酸化を招く原因となります。肌のしわも活性酸素の引き起こす酸化が主な原因です(老化だけでなく病気の原因にもなります)。

ただ、ある年齢までは体内の抗酸化酵素によって、過剰に発生した活性酸素は除去されるので、活性酸素による老化は表面化してきません。しかし、40代を過ぎると、体内の抗酸化酵素が著しく減少してしまうので、活性酸素を除去しきれずに、老化の進行が加速します。

鏡で老化をチェックする女性

そのため、失われた抗酸化酵素は食事で補っていく必要が有ります。抗酸化酵素を摂取できる代表的な栄養素はビタミンやミネラル、ポリフェノールなどです。どの食材に多く含まれているかは「体外から摂取する抗酸化物質」の記事に詳しく書いているので参考にして下さい。

女性ホルモンと成長ホルモンの促進

女性ホルモンと成長ホルモンは若さを保つ重要なホルモンです。女性ホルモンには、ツヤツヤな髪や弾力の有る肌、女性らしい体のラインを維持するなどの役割が有ります。また、成長ホルモンには、紫外線から受けた肌のダメージを修復したり、代謝を良くして健康的な体型を維持するなどの役割が有ります。

しかし、2つのホルモンの分泌量は30代~40代頃から減少し始めます。そのため、それぞれが担っていた役割を十分に果たす事が出来ず、老化が進んでしまいます。

運動

減少したホルモンを補うためには、普段の生活にちょっとした工夫を加えてあげると良いでしょう。

  • 睡眠をしっかりとる
  • 適度な運動
  • 大豆食品や鶏肉などを食生活に取り入れる 等

ホルモンは「睡眠中」と「運動後」に大量に分泌されます。普段、睡眠・運動不足の人はアンチエイジングのために、「寝る」「動く」事を意識して生活してみましょう。

ただし、激しい運動は活性酸素を発生させる原因となります。軽く筋トレをしたり、エスカレーターではなく階段を利用したり、そういったちょっとした運動を心掛けていきましょう。

プラセンタはエイジングケアの強い味方

プラセンタには、分泌量の減少したホルモンのバランスを整える作用が有り、また抗酸化作用も有ります。さらに、しわやシミを改善する美肌作用も有ります。今回紹介したアンチエイジングの方法のほとんどをプラセンタ1つで補う事が出来ます。

アンチエイジング

その他にも「プラセンタとは~プラセンタの効果/効能についての基本知識」の記事で紹介しているように、代謝や免疫力の向上など健康面にも良い影響を与えると言われています。

エイジングケア以外にも嬉しい作用を発揮してくれるわけですから、プラセンタサプリを試してみる価値は有ると思いますよ。

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み