馬プラセンタサプリ比較ネット
コラーゲンボール

美容の世界でも注目されている「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」ですが、それぞれに沢山の商品が販売されており、そのどれもが魅力的に写ってしまいます。そこで今日はプラセンタとコラーゲン・ヒアルロン酸との違いを紹介していきたいと思います。

コラーゲン・ヒアルロン酸について

まずはお肌の仕組みを勉強していきましょう。お肌の仕組みは上から順番に表皮・真皮・皮下組織となっています。図をご覧頂ければ分かるようにコラーゲン・ヒアルロン酸はこの真皮の中に存在している成分になります。

肌の断面図

真皮の組織は上記画像のように示されたコラーゲン(図の緑色の線)が格子状に存在し、その接合部分を弾力線維のエラスチンが固めています。そして格子の所にはヒアルロン酸などの水分がたっぷりと含んだゼリー状の組織で埋めつくされています。

これらが正常に働いている時にはシワのないプルプルでハリ・ツヤのある綺麗なお肌を保つことが可能です。また、このブルブルお肌の元であるコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸は繊維芽細胞で生成されます。

根本的に言えば、繊維芽細胞の活動が活発であれば「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」は常に新しいものに入れ替わりますから若々しい状態を作れます。

お肌の仕組みは上記のようになります。コラーゲンやヒアルロン酸は共に真皮内に存在してお肌のハリやツヤや弾力性を保つために不可欠なものですが、加齢や紫外線・食生活の乱れ等の影響によりその生成量は減少したり変形したりして使い物にならなくなってしまいます。

両者は有機的に働いてこそ効果が有るものだとは思いますが、敢えてそれぞれ美容面で一番期待できる効果をまとめると以下のようになります。

コラーゲン コラーゲンが有ることによりシワを薄くすることが出来ます。特に深いシワ・たるみはコラーゲン不足により引き起こされるので、長期的にシワ対策をしたい人にとって有効的。ハリや弾力の有るお肌はコラーゲンからと言われますね。
ヒアルロン酸 ヒアルロン酸の特徴は何と言ってもその保水力。ヒアルロン酸自体が水分のようなゼリー状の成分ですから、ヒアルロン酸を摂取することでモチモチ肌を速攻で作り上げることも可能です。

ではプラセンタは?

先ほど、お肌の仕組みを見てもらいましたが、美肌を作る真皮の中にはプラセンタは有りませんでした。それもそのはず、プラセンタは別名「胎盤」と呼ばれており、動物の哺乳類が子供を産むときに後産として生み出されるものです。そしてこの胎盤から有効成分を抽出して加工したものがプラセンタ商品として販売されています。

子供を産んだことが有る方はご存知だと思いますが、子供を産んだ後に子供を守っていてくれた胎盤を体外へ出す行為を【後産】と言います。

このプラセンタにはアミノ酸を始めとした多数の有効成分が含まれており(有効成分の詳細はこちらをご参照ください。)、美肌づくりに欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を生成する繊維芽細胞の働きを活性化させたり、コラーゲンやヒアルロン酸を酸化させる原因である活性酸素を除去する働きが有ります。

ピンポイントな栄養成分であるコラーゲンやヒアルロン酸とは違い、元々の細胞を活性化させたりすることで若かった頃のお肌を取り戻すために使われるのがプラセンタです。(ちなみにプラセンタにはヒアルロン酸も含まれています。)

まとめ。

ヒアルロン酸やコラーゲンが美肌を作るための一つの成分でありピンポイントで栄養素を補給するものに対して、プラセンタはアミノ酸を始めとした有効成分が多量に入っているのでそれらが有機的に働き根本から美肌を作り上げるものと考えれば良いでしょう。

ただし、ここで言いたいのはプラセンタがヒアルロン酸やコラーゲンよりも優っているとかそういうことではなく、自分の目的別にこれらの栄養成分を摂取していくことの方が効果的ということです。

例えば・・・
「全体的に美肌力をアップさせたないならプラセンタを飲んで体の内側から綺麗になろう!!」とか「最近お肌が乾燥してザラザラするのでヒアルロン酸を摂取してお肌に潤いを与えてあげよう」「シワが気になるからプラセンタとは別にコラーゲンの摂取しておこう!!

とかそういう感じで、自分の目的・場面に合わせて組み合わせて摂取するのが良いと思いますよ♪

後悔しない!馬プラセンタ選び プラセンタサプリ比較一覧

個別コスパ 個別北海道 個別南米 個別キルギス産 個別購入済み